ワイモバイルサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ワイモバイルマスター

ワイモバイルのサービス情報

ワイモバイルは安心・安全のオプションサービスが非常に多くてわかりにくい

投稿日:

ワイモバイルを実際に契約する前にどうしても抑えておきたい安心・安全のためのサービスですが、実はワイモバイルの安心・安全サービスは非常に充実しており、数も豊富です。

その分、何がどういうサービスでどういう機種とプランに対応しているのか、などが非常にわかりにくくなっています。

ワイモバイルの補償がわかりにくい一つの理由としては、元々ワイモバイルはイーモバイル・ウィルコムなどそれぞれ別の会社としてサービス展開をしており、その名残が今もまだ残っているためでもあるのです。

例えば購入した端末の補償はどういう仕組みになっているのかを調べるにも、補償の種類が多すぎて戸惑ってしまうこと間違いなしです。

とはいえ、新規契約をする際には、そうした過去のサービスは一切関係ありません。

そんな、とにかく数の多い「安心・安全」という枠の中にあるサービスの中から、新規契約時に選ぶべき補償やサービスはどれなのか、どのサービスがどのようなケースにどんな端末に対して適用するのか、わかりやすく理解できるようにしていきたいと思います。

参考:ワイモバイルのメリットを詳細まで理解する

ワイモバイルの「安心・安全」のためのサービス一覧

ワイモバイルの公式サイト「安心・安全」の中に以下のサービスがすべて詰め込まれています。

数が非常に多くわかりにくかったため、とりあえず大まかなジャンルごとに分類してあります。

右から、補償・セキュリティや明細・紛失や位置サービス・災害に分けてみました。

 

スマートフォン基本パック
ケータイ基本パック
故障安心パックプラス
故障安心パック
故障安心パックライト
あんしん保証サービスプラス
あんしん基本パック
フィルタリングサービス
PCセキュリティ
ワイドサポート
スマートセキュリティ
請求書発行サービス
利用明細サービス
一定額お知らせメール
一定額ストップサービス
紛失ケータイ捜索サービス
遠隔初期化サービス
安心遠隔ロック
位置ナビ
みまもりマップ
位置検索サービス
あんしんバックアップ
リモートロック
緊急速報メール
災害用伝言版サービス
災害用音声お届けサービス
補償 セキュリティ・明細 紛失・位置情報 災害

 

多いですね。これだけのサービス内容をすべて理解するのはちょっと無理があります。

第一、すべてが自分にかかわりあるサービスばかりでもないのですから、わざわざすべてを確認するのも時間の無駄です。

ということで、ここではある程度重要なポイントだけを拾いながら解説していこうと思います。

また個別のサービスで気になるところがあれば、その都度別記事にて詳細解説していきます。

 

スマホの補償については「故障安心パックプラス」を理解する

まず、ワイモバイルで購入したスマートフォン・iPhoneについての補償は、「故障安心パックプラス」の内容を確認するようにしましょう。これさえあれば、基本的な故障等には完全に対応できます。

そのほかの補償サービスは一切確認しなくても問題ありません。なぜなら、それ以外に記載のある補償サービスは、たとえばケータイ向け補償たったり、ポケットWi-Fi向け補償だったり、現行機種には適用できない保証だったりするため、ワイモバイルでスマートフォンの新規契約をしようとしている場合には一切関係ありません。

あえて言うなら、スマートフォン基本パックは確認しておきたいところですが、これも次の段階で問題ありません。

 

故障安心パックプラスは、スマートフォン/iPhoneを利用している際に発生した故障・水濡れ・盗難などのケースで保証してくれるサービスで、そのほかにもウィルス感染時の補償だったりデータの復旧に関してなどまで、幅広く対応してくれる8つの安心サービスをまとめてあるサービスとなっています。

 

次に確認したい「スマートフォン基本パック」

セキュリティや留守番電話、割込み通話(キャッチホン)などの、スマホを便利に使うための基本サービスがパックにされています。

対応機種があるため、どの機種でも申し込みできるわけではありませんが、あるとうれしいサービスもたくさんありますので、検討してみる価値はあります。

ただし、まずは故障安心パックプラスを最優先とし、次の段階でスマートフォン基本パックは検討してみるといいでしょう。

 

ちなみに、このスマートフォン基本パックには、最初の表で挙げた「安心・安全」の多くのサービスが含まれていますので、故障安心パックプラスとスマートフォン基本パックを利用していれば、まず十分と言っていいのではないでしょうか。

 

iPhoneに対応しているサービスは少ない

ワイモバイルでは、iPhone 5sとiPhone SEの取り扱いがありますが、基本的にiPhone向けの補償サービスはかなり限られています。

元々iPhoneには、Appleが提供するApple Care+が用意されているため、そちらを利用するようにするか、もしくはいくつかの非対応サービスもあるものの、故障安心パックプラスを利用することは可能です。

スマートフォン基本パックに関しては、iPhoneは対応していないものの、その中の個別サービス、たとえば留守番電話プラスや割込通話についてはiPhoneでも申し込み可能となっていますので、iPhone利用の場合には個別にサービス対象かどうかを確認する必要があります。

 

ワイモバイル契約前に、自分に何が必要なのかを考えておきたい

ワイモバイル利用時の補償に関しては、前述したとおり「故障安心パックプラス」さえ申し込みしておけばある程度問題ありません。

それ以外のオプションサービスに関しては、そもそも自分のスマホ利用について振り返った時に、どういうサービスが追加で必要となるのかを再度考えてみましょう。

オプションはあくまでオプションなので、なければないでスマホを利用することはできるわけです。特にこだわりがなければ、そのままオプションなしで利用するという選択肢もあるのですから、しっかり自分で考えて、何が必要なのか、特に必要なものはないのか、考えたいところです。

 

参考:ワイモバイルのメリットを詳細まで理解する

-ワイモバイルのサービス情報

Copyright© ワイモバイルマスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.