ワイモバイルサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ワイモバイルマスター

ワイモバイルのサービス情報

ワイモバイルをUQモバイルと比較してみた

投稿日:

ソフトバンク、au、ドコモと比較した場合、圧倒的に有利な料金プランを持つワイモバイル。

そのため、もともと競合するのは大手キャリアではなく、格安SIMを提供するMVNO各社となるわけです。

その中でも、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルと近い立ち位置になるのが、auのサブブランドであるUQモバイルです。

ワイモバイルのワンキュッパに対してイチキュッパを展開するなど、料金体系はほぼ同じ、まさにソフトンバクに対するau、といった様相です。

このサブブランドによる戦いに唯一参戦していないNTTドコモは、元々MVNOに対する回線貸し出しが最も多いキャリアであるため、自社であえてサブブランドを作りMVNO同士の競争を阻害することはしないということだと思われます。

総務省ににらまれる可能性もありますしね。

では、ワイモバイルとUQモバイルでは、どちらがどう違い、どちらが有利なのでしょうか。

検証していきます。

参考:ワイモバイルのメリットを詳細まで理解する

ワイモバイルとUQモバイル

 

そもそもワイモバイルとUQモバイルでは、その成り立ちから大きな違いがあります。

ワイモバイルは、ご存知の人はずいぶん減ってしまったかもしれませんが、もともとイーモバイルウィルコムというまったく別の事業者を内包しているキャリアであり、それに加えてワイモバイルとなってからの新規ユーザーが共存している形となっています。

そのため、全体でのユーザー数としては、あくまで格安SIM事業者としてはまだまだ新しいUQモバイルとは比較にならない数の契約者を抱えています。

サービス自体は似ているとは言っても、その規模は段違いです。

そういう意味では、安心して利用することができるのはやはり、そのキャリアの契約規模からいってもワイモバイルであると考えて間違いないのではないでしょうか。

 

利用回線に関しては、当然ワイモバイルはソフトバンク回線を利用しているのに対して、UQモバイルはauの回線を利用します。

場所によっては電波の入りやすい場所、入りにくい場所は当然あるものと思われますので、居住地域によって選択肢が大きく変わるということは十分あり得ます。

特に、ドコモとソフトバンクの関係とは違い、auについてはその回線方式がもともと独特だったために、つながり方についても特徴があります。

それを理解した上で、どちらの回線を利用するのかは考えた方がいいかもしれません。

 

現在所有しているスマホ端末は何か

ワイモバイルかUQモバイルかを検討する場合、現在利用しているキャリアがどこなのかも、地味に影響します。

それは、所有しているスマホ端末を継続して利用できるかどうかの違いがあるためです。

もしauユーザーであれば、UQモバイルを選択した場合、そのままUQモバイルのSIMカードを利用して通信通話ができる可能性があります。ただし機種によって、使える場合と使えない場合があるので確認が必要です。

 

一方で現在ソフトバンクユーザーの場合は、UQモバイルにしてもワイモバイルにしても、そのままソフトバンク端末を利用することはできません。いずれにしても、SIMロックを解除しなければ、継続利用はできない形となります。

ドコモとドコモ系MVNOの関係、さらにはauとau系MVNOとの関係の場合には、そのままSIMロック解除不要でスマホ端末を継続利用できるのが大きな特徴ですが、ソフトバンクとワイモバイルの場合には、そうした関係性はありません。

それぞれにSIMロックが自社端末に対してかけられており、それを解除しなければ相互での利用は可能になりません。

参考:ワイモバイルのSIMロック解除方法

 

もちろん、いずれにしても、新しくワイモバイルおよびUQモバイルで格安スマホを購入する予定があるのであれば、その点はあまり関係がありませんので気にする必要はありませんし、むしろそちらの方がわかりやすいといってもいいのではないでしょうか。

 

ワイモバイルとUQモバイル・料金プランには大きな違いはない

ワイモバイルはワンキュッパ、UQモバイルはイチキュッパとして、最低1980円で利用できることを最大のウリにしているのはどちらも同じです。

全体的な料金イメージがほとんど同じなので、そういう意味ではコスト的な部分ではどちらを選んだとしてもそう大きな差は出ないものと思われます。

 

料金的には差はあまりないのですが、無料通話ができる時間としては、ワイモバイルの場合は10分、UQモバイルの場合は5分なので、この点はワイモバイルが有利です。

UQモバイルの場合はその代わり、料金プランに若干の幅があり、ぴったりプランという通話がかけた分だけ料金が発生する従量制のプランも用意されています。

 

取り扱い端末に大きな違い

ワイモバイルとUQモバイルの最も大きな違いとしては、やはりその取扱い端末についてではないでしょうか。

どちらもiPhone SEを販売している数少ないMVNOですが、Androidスマートフォンのラインナップはまるで異なります。

ワイモバイルは、Android OneNEXUSなどのGoogleブランドやSHARPのAQUOSを中心としたラインナップであるのに対して、UQモバイルの場合には、格安スマホ市場で猛威を振るっているASUSのZenFone、HUAWEI、ZETなど中華系メーカーが軒並み取り扱いされており、なおかつ富士通の防水スマホとして人気の高いarrowsシリーズなども取扱しています。

ワイモバイルと同じくAQUOSやDIGNOもラインナップにあるので、Androidの選択肢としてはUQモバイルの方が広いと考えてよさそうです。

 

また、UQモバイルの取り扱いスマートフォンはすべてSIMロックはかかっていないSIMフリー端末ですが、ワイモバイルの場合には逆にすべてSIMロックがかけられています。

 

それぞれ、いい点もあれば悪い点もありますが、実店舗の数が圧倒的に多いワイモバイルは、より格安スマホデビューを考えている人にとっては非常に安心して利用することができるのではないでしょうか。

 

-ワイモバイルのサービス情報

Copyright© ワイモバイルマスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.