ワイモバイルサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ワイモバイルマスター

ワイモバイル・キャンペーン情報

ワイモバイルのキャンペーンまとめ/2017年8月~9月

投稿日:

ワイモバイルの契約を検討する前に、各種キャンペーン内容は必ず確認しておきましょう。

現在どういう割引が実施されているのか、どういうキャンペーンが行われているのか、それによって、今契約することによってどういうお得があるのかを正しく知ることができます。

スマホ業界の常として、各種キャンペーンは非常にうつろいが激しく、今はお得だけど来週にはキャンペーンが終わっていてお得じゃなくなる、なんてことも十分あり得ます。

だからこそ、最も契約するに有利なタイミングを狙いたいわけです。

各種キャンペーンをそれぞれ確認していきます。

ワイモバイルのワンキュッパ割で1980円

2016年6月1日から開始されているワイモバイルのワンキュッパ割は、期間を切られていない割引キャンペーンとなっており、ワイモバイルから終了のアナウンスがない限りは適用される非常にお得な割引サービスです。

ワイモバイルに加入した翌月から12ヶ月の間、月額料金から1000円割り引くという内容となっており、スマホプラン割引を適用した金額に合わせてワンキュッパ割を適用させることで、最安値の1980円を実現することができます。

MNP新規、通常の新規契約の際に標準プランであるスマホプランS/M/Lを選択すれば適用されるので、適用のハードルもまったく高くはありません。ただし、機種変更の際は適用されませんので注意しましょう。

 

データ容量2倍キャンペーンで二年間お得

ワイモバイルのデータ容量2倍キャンぺーンは、その実施期間が非常に長く、2015年9月1日から実施されています。

ワイモバイルで新規契約、またはMNP新規契約をすると、高速データ通信容量が2年間2倍となります。

つまり、スマホプランSの場合は1GBが2GBに、スマホプランMは3GBが6GBに、スマホプランLは7GBが実に14GBの大容量となります。

実際には自動的に2倍の容量が使えるようになるわけではなく、通信速度に制限がかかった際に、通常速度に戻す追加料金(500MBごとに500円)を追加容量分割り引く、というものです。

つまり、スマホプランSでは、もともとが1GBなので、制限がかかった際に500MB×2回分の制限解除を実施した分の料金が割引されるというわけです。

Mだと6回、Lだと14回分となります。

少しわかりにくいですが、つまり通信速度制限がかかった際に、そのまま放置してしまうと制限解除は当然されず、そのまま翌月まで制限が継続してしまうため、自分で制限を解除しなければ何の意味もなくなってしまいます。

この内容を覚えておいて、利用している料金プランにあわせて。制限解除を残りの回数分は実施していくと、もっとも効率よく容量を消費することができると思われます。

 

なお、ワイモバイルには通常プランの中に「データ容量2倍オプション」というサービスが存在します。

このサービスは何かというと、月額500円を支払うと、毎月のデータ容量が通常の2倍になる、というものです。内容としてはつまり、現在実施されているデータ容量2倍キャンペーンと何も変わりません。つまり自動的に容量が増えるわけではなく、もともとの容量を使い切って低速化されたときに、それを解除する形となります。

ただ、現在はそのデータ容量2倍キャンペーンが実施されているため、そちらの内容が優先します。条件を満たしていればデータ容量2倍オプションは適用されず、解除分の月額料金もかかりません。

 

下取りプログラムは他社MVNOにはない

ワイモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクと同じような下取りプログラムを実施しています。

2016年11月1日から実施されており、このサービスも期間がいつまでと設定されていないため、レギュラーサービス的な扱いとなっています。

新規契約、MNP、機種変更、契約変更時に対象機種を下取りに出すことができ、その下取り価格に応じて毎月の利用料金から割引する形となります。

使わないスマートフォンであれば、いつまでも所有していても仕方がないので、下取りに出して少しでも割引にあてたほうがお得といえるかもしれません。

例えば多くのMVNOでは下取りは実施されていませんので、下取りプログラムがあるということはワイモバイルの大きな特徴と考えてよさそうです。

 

家族割引サービスで複数回線ワイモバイルでお得

家族割引サービスは、Y!mobileを利用するにあたって、欠かせない非常にお得なサービスの一つです。

家族で利用する複数の回線を、指定の料金プランで新規契約すると、副回線2~10回線の基本使用料がスマートフォンなら月々500円引き、ケータイなら全額無料になるというものです。

例えば、2回線目でイチキュッパのスマホプランSを選択したなら、そこから500円引きになるので、1480円で利用できる形となります。

しかもこの家族割引サービスに関しては期間限定ではないので、家族が利用している限りずっと割引が適用する形となります。

1回線利用してみて問題なければ、家族の回線もまとめてワイモバイルに変更していくとよりお得になるという仕組みです。

ぜひ有効活用しましょう。

関連記事:「ワイモバイルの家族割引サービスとは

 

家族のスマホまとめてキャンペーンも活用したい

ワイモバイルの新規契約、または対象プランからの契約変更を実施した場合に、ワイモバイル2台目以降の契約と家族割引サービスの申し込みにより、5000円が還元されるキャンペーンです。

2017年6月1日から開始された新しいキャンペーンですが、期間を切られていないため、レギュラー的な扱いとなっています。

しばらく継続することが考えられますが、いつ終了してしまうかもわからないので、早めに活用してワイモバイルでの追加新規回線契約をしたいところです。

詳細内容は別記事でまとめています。

関連記事:「家族のスマホまとめてキャンペーンのメリットデメリットまとめ

 

Androdi One 機種変更手数料無料キャンペーン

 

2017年6月30日から9月30日までの期間限定で開始された割引キャンペーンが、「Android One 機種変更手数料無料キャンペーン」です。

対象オーダーとしては機種変更のみで、新規契約および契約変更の場合は対象外となります。

現在ワイモバイルを利用しているユーザーが、Andorid Oneシリーズに機種変更した場合、機種変更手数料3000円を無料にする、というものです。

Android One X1(エックスワン)の発売に合わせて開始されており、ワイモバイルユーザーのエックスワンへの機種変更を促進するキャンペーンと考えてよさそうです。

対象機種としてはAndroid Oneシリーズとなっているため、エックスワン以外にも、これまでのAndroid Oneシリーとして、S2、S1、507SHに機種変更する場合にも適用されます。

 

国内通話ずーっと無料キャンペーン

2017年8月1日より、2018年1月14日まで、かなり長めのキャンペーンが展開されています。

対象ユーザーはワイモバイルのPHSから指定料金プランでワイモバイルのケータイ・スマホに契約変更したユーザーとされています。

キャンペーンの内容としては、国内での通話料金が、相手を選ばず次の機種変更まではずーっと無料になるというものです。

ワイモバイルのかけ放題といえば、スマホプランに標準でついてくる「だれとでも定額」ですが、この場合1通話あたりの無料通話時間は10分と限定されており、完全なるかけ放題ではありません。

しかし、国内通話ずーっと無料キャンペーンが適用された場合、完全通話無料の「スーパーだれとでも定額」の月額料金1000円が次回機種変更まで割引されることにより、ずーっと無料での通話が実現されます。

そろそろPHSからケータイやスマホに変えようかなと検討している人にとっては非常にお得なキャンペーンですので、是非活用したいところです。

関連記事:「国内通話ずーっと無料キャンペーンを検証する

 

ワイモバイルショップで焼そばがもらえる「ズキュン!夏祭り」

ワイモバイルショップに出向き、アンケートに答えるだけで、「ズキュン!デカ焼そば」が当たるくじに参加することができます。

キャンペーンは8月1日から開始されており、商品がなくなり次第終了となります。

この夏の非常にお得なキャンペーンとして、テレビCMなどでも話題になっています。早めにワイモバイルショップに出向き、焼そばをゲットしましょう。

関連記事:「ワイモバイルで焼そばUFOがもらえるキャンペーン

 

 

-ワイモバイル・キャンペーン情報

Copyright© ワイモバイルマスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.