ワイモバイルサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ワイモバイルマスター

ワイモバイルとは

ワイモバイルのメリットを詳細まで理解する

投稿日:

ワイモバイルが人気を集めて続けています。

その最大の理由はやはり、料金の「安さ」にあります。

ワンキュッパ(1980円)が印象的なワイモバイルのテレビCMを見たことがない、という人はほとんどいないのではないでしょうか。

とにかく「ドコモやauやソフトバンクは料金が高い」と感じている人にとって、ワイモバイルの1980円は大きな魅力だと思います。

一体、どういう仕組みでそれほど安くなるのか、ワイモバイルとはそもそも何なのか、ワイモバイルについてここですべて理解して、今日からすぐにでも利用できる状態にしていきたいと思います。

今現在ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアを利用している人、まだスマホを持ったことがなく、これから検討している人など、すべて含めて検討してみましょう。

ワイモバイル公式→ワイモバイル

ワイモバイルの料金と安さの秘密

まずはワイモバイルの料金プランを確認していこうと思います。主要なスマホ用プランとして用意されているのが、スマホプランS/M/Lです。

 

プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
通常料金 3980円 4980円 6980円
割引適用後料金 1980円 2980円 4980円

 

表を見るとわかる通り、通常の料金と割引適用させた場合の料金の間にはかなり大きな差があります。

通常料金のままだと、大手キャリアと比較してもそう安くもなく、驚きも少なくなってしまいますね。

ただ、そこに各種割引を適用させたときの安さにはかなりのインパクトがあります。

それが、「ワンキュッパ(1980円)」というわけです。

 

割引の詳細内容については関連記事「ワイモバイルの料金プランを理解する」で解説していますので、大まかにここでは説明しておきます。

通常の料金プランから、ワンキュッパ割スマホプラン割引という二つの割引が適用され、ワイモバイルの新規契約から一年間は1980円、ワンキュッパ割が終了する二年目以降は2980円。三年目以降はワンキュッパ割もスマホプラン割引も終了するものの、代わりに長期利用割引が開始されるので、そのまま2980円で利用可能という形になります。

そのため、長期で利用したいと考えているようなケースにも十分対応してくれます。

 

ワイモバイルは通話料金もお得

ワイモバイルの大きな特徴の一つに、電話の料金まで基本料金にすべて含まれている、というシステムがあります。

ワイモバイルが採用しているのは、だれとでも10分かけ放題で、相手がワイモバイル以外のドコモなど大手キャリアでも、格安SIMでも、固定電話に対してでも、通話料金は1通話あたり10分以内であれば完全に無料です。

1通話あたりの通話時間が10分を超えたところではじめて、通話料金が発生します。この場合、30秒20円がかかります。

例えばスマホプランSでは1980円が基本料金となりますが、この料金内で、なんと10分かけ放題が利用できてしまうわけです。これは非常にお得です。

つまり、本当に最安値プランのスマホプランSなら、そのままの1980円で利用できてしまうわけです。

関連記事:「だれとでも10分かけ放題の活用方法

 

ワイモバイルを利用していて1980円より高くなることはないのか

ワイモバイルではワンキュッパ(1980円)を上回ることがないのかというと、そういうわけではありません。

もちろん、料金プランをMやLにしたり、通話の使い方が10分に収まらなかったり、別に有料のオプションを利用した場合にはどうしても、ワンキュッパよりも料金は上がります。これは仕方ないことですね。

ワンキュッパはあくまで最安値で利用した場合の料金なので、どうしても通話を長時間かける必要があるとか、または高速通信を利用することができる容量が、最低限では足りないという場合などには、どうしてもワンキュッパ内では収まりません。

そのため、あくまでも自分の利用状況をしっかり理解して、ワイモバイルに変えることによって本当にお得に利用することができるのかどうかはしっかり確認しないといけません。

 

ワンキュッパで利用できるケースとは

ワイモバイルを利用して、スマホ代まで含めて完全にワンキュッパと消費税だけで利用できるケースとはどういうケースなのでしょうか。

以下の条件をすべてクリアできれば、ワイモバイルの最安値での利用が実現できます。

 

・毎月データ容量は1~2GBあれば十分。

・1通話あたりの通話時間は10分以内に抑えることができて、長電話をまったくしない

・スマホの種類にはこだわらない

 

最低料金のスマホプランSのデータ容量は1GBです。

ただし、契約から2年間はデータ容量2倍のキャンペーンが実施されているため、実際は2GBまで利用可能です。3年目以降は1GBに戻ってしまいますが、その時はその時に改めて考えればいいことです。

そのため、データ容量が2GBの中に抑えられる、という場合には一つ目の条件クリアとなります。

通話については、普段から要件を済ませたらすぐに切る癖があるひとについては、ほとんどの通話で10分以内に収まると思いますので何の問題もないと思われますが、長電話の癖がある人は要注意です。

ただそれでも、長電話に注意しながら10分以内に通話を抑えることができるようであれば、二つ目の条件もクリアです。

 

最後にスマホの種類についてですが、今までの利用端末でSIMフリーの端末や、SIMロックを解除してあるドコモやau、ソフトバンクの端末を所有している場合には、その端末を継続利用することができるため、新しくスマホ端末を購入する費用が節約できます。

ただもし、改めて新しい機種を購入したいという場合にはどうしても端末代金が発生してしまいます。その端末代金を一括で支払えば月額料金はワンキュッパで維持できますし、月額割引が適用される機種であれば、ワンキュッパ以下で利用することもできます。

とはいえ一括では格安スマホとはいえそれなりに負担が発生してしまうので、割賦で支払いたいという場合には、ワンキュッパの上に端末代金が上乗せされる形となります。

この端末代金の実質金額が安い機種を選べば選ぶほど毎月の利用料金総額は1980円に近づきはするものの、昨今は総務省の大手キャリアへの指導もあってか、ワイモバイルや格安SIM事業者でも実質0円は見当たらなくなってきています。

今は在庫がなくなってしまいましたが、iPhone 5sは二年間の実質負担額が0円に設定されており、事実上無料で手に入れることができる設定になっていましたので、このような形の機種が出てくれば、端末代金は事実上かからず、ワンキュッパのみでの運用が可能となります。

 

ワイモバイル利用時にデータ容量が足りなくなったら

ワンキュッパでワイモバイルを利用しようとすると、どうしても不安になるのが、データ容量についてだと思います。

ワンキュッパで設定されるデータ容量は通常1GB、新規契約から二年間データ容量2倍キャンペーンを適用させても2GBです。

本当に最低限、という容量なので、例えば動画などを視聴してしまうとどうしても足りなくなってしまう可能性があります。

そのため、このワンキュッパプランでうまく利用していくためには、本当にデータ容量が最低限しかいらないというユーザーか、または自宅でWi-Fiを利用していることが大前提となってきます。

ほかにもワイモバイルのポケットWi-Fiを利用するという方法もありますが、そこに至る前にまずはプランをスマホプランMやLに上げるのが先となります。

 

自宅でのWi-Fiは、すでに利用している人も多いと思いますが、問題はどこのインターネット回線を利用しているか、というところです。

ワイモバイルを利用するのであれば、最も有利となるのが、やはりソフトバンク光です。光セット割が用意されてあるため、ワイモバイル回線を契約するにあたってはソフトバンク光を準備するのが非常にお勧めです。

 

うまくWi-Fi環境を活用することができたなら、1GB~2GBだったとしても、十分足りるようにうまく利用することができるようになる可能性が高いと思います。

関連記事:「ワイモバイルの光セット割はずっと割引なのか

 

ドコモなどから番号を持ってくるMNP

実際にワイモバイルの新規契約をするにあたって、完全な新規契約であればそのまま手続きすればいいのですが、もしドコモなど他社から電話番号をそのまま持ってきたい(MNP)ということであれば、事前に一つ、手続きが必要となります。

それは、現在利用しているケータイキャリアで、MNP予約番号を取得するという手続きです。

このMNP予約番号を準備した状態で、ワイモバイルで新規契約を実施すれば、電話番号をそのまま持ってくることができます。

メールアドレスはどうしても引き継ぎすることができませんので、必要な場合にはメールアドレスが変更になった旨を改めて知人等に送る必要が出てきます。

昨今は「@docomo.ne.jp」などのキャリアメールは利便性が悪くあまり流行りませんので、この機会にGmailやiCloudメールなどにメインメールアドレスを変更してもいいかもしれません。

ちなみに、移転元である元々利用しているキャリア側で、転出手数料がかかります。

MNP利用によるワイモバイルの新規契約が完了した時点で、移転元の契約は解約となります。

予約番号を発行してMNPを利用した場合には、わざわざ再度解約をする必要はありません。

 

 

-ワイモバイルとは

Copyright© ワイモバイルマスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.