ワイモバイルサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ワイモバイルマスター

ワイモバイルのサービス情報

ワイモバイルではテザリングが無料で使える!その有効な使い方とは

投稿日:

パソコンやゲーム機などを子機としてインターネットを利用するために、スマートフォンやタブレットをアクセスポイントとしてWi-Fi電波を飛ばす機能のことを、テザリングと呼びます。

利用シーンとしては主にビジネス用途が多いと思いますが、スマホさえ持っていれば外出先でも気軽にパソコン等でインターネットができるため、非常に重宝する機能と言えます。

そんなテザリングですが、ワイモバイルのスマートフォンで利用することはできるのでしょうか。

 

基本的に、ドコモでは以前からずっと無料で利用することができており、auやソフトバンクではテザリングオプションとして基本的には有料ではあるものの、期間限定で無料利用ができる、というスタンスでした。

現在でも、ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれに、無料期間が継続していますので、事実上まだテザリングを有料で利用したことがある人自体、ほとんど存在しないと思われます。

ワイモバイルでのテザリングの扱いについて、解説していこうと思います。

関連記事:ワイモバイルのメリットを詳細まで理解する

ワイモバイルのテザリングとは/利用料金・容量について

ワイモバイルでテザリングが利用できるのか、という問題ですが、その答えは「Yes」です。利用できます。

対象プランとして「スマホプラン」、「データプラン」、「シェアプラン」、「ケータイプランSS」となっていますので、基本的にはそのまま利用可能です。

月額料金もかからず、無料で利用することができます。さらに、ワイモバイルのテザリングについては、大手キャリアと異なり期間限定ではなく、ずっと無料で利用可能です。

テザリングを利用した際のデータ容量については、その契約プランによるため、例えばスマホプランSで利用していた場合、容量2倍キャンペーン適用時なら2GB内で、テザリングを高速通信で利用することができます。

仮に定められた容量を超過した場合には、通常利用時と同じく速度制限がかかり、送受信時最大128kbpsとなり、使い勝手はかなり悪くなります。

もちろん、通信の遅ささえ耐えられるのであれば、その状態でテザリングを使い続けることは可能です。

 

ワイモバイルのテザリング可能端末

ワイモバイルのテザリングは、セット販売されているiPhone SEおよびAndroidスマートフォンにおいて利用することが可能です。

基本的にテザリングには申し込みなども必要ありませんので、ワイモバイルのSIMをワイモバイルの販売機種に入れて、あとは通信ができる状態になっていればそのままテザリング機能をONにして利用することができます。

注目なのは、ワイモバイルで販売されているiPhone SEでも利用できるという点で、少し前まで販売されていた、iPhone 5sでもテザリングは利用可能となっています。

さらに、ワイモバイル販売端末ではない機種で利用する場合については、当然のことながらドコモやau、ソフトバンク販売機種であればSIMロックがかかっているため利用はできませんが、SIMフリーのスマートフォンではテザリングが利用できます。

この場合はもちろん動作保証がないため100%できるとは言えないものの、ある程度の機種ではそのまま問題なく利用できるはずです。

加えて、2017年6月以降に新規契約したユーザーに対して、SIMフリーiPhone利用時にもテザリングが利用できるようになりました。2017年5月までに新規契約したユーザーに対しても、8月までには対応予定ということです。

現在SIMフリーiPhoneにワイモバイルSIMを入れて利用していてテザリングができないと思っていた人も、今後は利用できるようになるため非常に便利になりそうですね。

 

ワイモバイルのテザリングを有効活用する方法

ワイモバイルにおいて、テザリングを有効活用するためには、やはりある程度のデータ容量が確保されているプランを利用するのが一番です。

そう考えると、スマホプランMやスマホプランLであれば、新規契約から二年間は6GBか14GBと十分すぎる容量があるため安心です。

例えば、スマホプランMであっても、標準の3GBに追加容量分の3GBが用意されており、これを追加した分については90日間利用可能となっているため、それほど利用しなかった場合には、翌月は通常の3GB、追加容量3GB、先月追加した3GBという具合に、9GB使えるようになります。同じ要領でさらに次の月は利用が少なければ12GB使えるようになってしまうわけです。

毎月忘れずに容量2倍分の追加を入れておくのを忘れないようにすれば、容量を追加から90日の間についてはかなり多く利用できるようになるため、テザリングでも有効に活用できるようになります。この方法はお勧めです。

 

ワイモバイルテザリングの活用方法

基本的にテザリングを利用する場面というのは、単独ではインターネットができない端末でインターネットを使いたいときなどだと思います。

そのため、パソコンでのインターネット利用時が最も多く考えられるわけですが、それ以外にも、例えばWi-Fi専用のiPadを外に持ち出した場合などにもテザリングでインターネットを利用するようにできます。

外出先でゲーム機で遊びたいときにも、テザリングを利用すればネット環境下でのゲームが可能となります。

様々な利用シーンがありますが、例えばガッツリモバイルWi-Fiルーターを持つまではない、というようなときに利用することができるため、月額料金がかからないというメリットを最大限に生かして、有効に使っていきましょう。

-ワイモバイルのサービス情報

Copyright© ワイモバイルマスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.