SoftBank Air ソフトバンク光

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)のセキュリティ対策なら「BBセキュリティ」が安心!

ソフトバンクエアーは、コンセントに接続するだけで簡単にインターネットを利用できるのが特徴ですが、手軽に利用できるがゆえに忘れがちなのが「セキュリティ対策」です。

 

スパムによる詐欺被害に遭ってしまうと、大切な連絡先・クレジットカードの情報・他人には見られたくないデータなどが外部へ流出してしまいますし、コンピューターウイルスに感染すると、情報流出のみならず、自分自身が知らぬ間に攻撃側となり、周囲の人へ悪影響を及ぼしてしまうリスクもあります。

 

そのため、ソフトバンクエアー、さらにソフトバンク光を安心して利用できるよう、ソフトバンクが提供する「BBセキュリティ」というオプションサービスの利用をおすすめします。

BBセキュリティは、セキュリティソフトを専門で提供する「マカフィー社」や「シマンテック社」などの大手企業がサポートしています。

信頼できるセキュリティソフトを、WEB上で手軽に申し込み、利用料金をソフトバンクの支払いとまとめて決済できるのがBBセキュリティの非常に便利な点です。

 

本記事では、ソフトバンクが提供する「BBセキュリティ」について解説します。

セキュリティ対策の必要性

今やスマホ・パソコンは誰でも利用しているものです。

特に、スマホの爆発的な普及により、いつでも・どこでも・手軽にインターネット検索、SNSの利用、動画や音楽ファイルダウンロードが可能な時代となりました。

しかし、手軽に利用できるインターネットの世界には、悪意のあるプログラムも潜んでいます。

悪意のあるプログラムは、一般的に「コンピューターウィルス」、略して「ウィルス」と表現されており、これがインターネットを楽しんで利用しているユーザーに脅威をもたらします。

インターネット上には、ウィルスが無数に存在しています。インターネットの世界に足を踏み入れる時点で、いつウィルスに侵されるかわかりません。

 

対策を行っていないパソコンやスマホは、鍵のかかっていない建物のようなイメージです。

鍵がかかっていなければ、いつでも、だれでも、内部に侵入して、大切な個人情報やクレジットカード情報をかんたんに持ち出したり、建物自体を破壊することだって可能です。

 

これらの脅威からパソコンやスマホを安全に保つために、セキュリティ対策を万全の状態にしておく必要があるのです。

 

ウィルス感染した場合の主な症状例

 

パソコンやスマホがウィルスに感染してしまった場合、以下のような症状が発生する可能性があります。

  • 電源が入らなくなる
  • 再起動を永遠に繰り返す
  • パソコンやスマホの動作が極端に悪くなる
  • 端末を勝手に操作される

 

なお、これらの症状にとどまらず、クレジットカード情報・氏名・住所・連絡先・電話番号など個人情報の流出や、知らぬ間に自身が攻撃側となり他人のパソコンに攻撃を仕掛けてしまうことも起こりうるのです。

 

ネット上のコンピューターウイルスも、医学・生物学上の「ウイルス」が語源になっている通り、感染がドンドン広がっていくところに怖さがあるのですが、そちらはウイルスの種類によって、感染が拡大しやすい条件、つまり季節や気温や湿度等の条件があったりすることも少なくありません。

それに対して、コンピューターウイルスは、そうした外的要因に左右されず年中常に感染リスクがある、という点も怖いところだったりします。

 

コンピューターウィルスへの対策を怠っていると、自分自身が被害を受けるだけでなく、周囲の友人・取引先にまで被害を与えてしまい、大きな信頼を失ってしまうリスクがあります。

そうなる前に、パソコンやスマホのウィルス対策をきちんと行っておくことが大切なのです。

 

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)やソフトバンク光のウィルス対策は「BBセキュリティ」がおすすめ!

ソフトバンクエアーでウィルス対策を行う場合、ソフトバンクが提供しているBBセキュリティというサービスを利用することをおすすめします。

BBセキュリティは、ソフトバンクが直接提供しているウィルス対策の有料オプションのことで、セキュリティ対策に精通した大手3社が提供するサービスから選んで加入することが出来ます。

 

セキュリティ製品名 運営会社
McAfee(マカフィー) マカフィー株式会社
Norton(ノートン) シマンテック社
Internet SagiWall(インターネット・サギウォール) BBソフトサービス株式会社

 

ソフトバンクのBBセキュリティは、マカフィー株式会社の「McAfee(マカフィー)」・シマンテック社の「Norton(ノートン)」というセキュリティ大手2社に加えて、BBソフトサービス株式会社が提供する「Internet SagiWall」の合計3社のセキュリティプランから選択して加入することが出来ます。

大手セキュリティソフトメーカーがサポートしている点は信頼できます。

 

マカフィーは、一時はインテルの完全子会社でしたし、2020年1月現在もインテルが大株主(49%)なので、その事実だけで安心感があると思います。

また、Nortonは日本においてトレンドマイクロの「ウイルスバスター」に次ぐシェア第2位のセキュリティソフトです。多くのユーザーが利用している、という意味で選びやすいと思います。

 

各社、提供のセキュリティサービスは、「対応OS」「月額料金」「利用可能台数」によってプランが異なります。簡単に見ていきます。

 

マカフィー社のBBセキュリティ

対応OS 月額料金 利用可能台数
BBセキュリティ powered by McAfee® Windows 490円 3台
BBセキュリティ powered by McAfee® Lite Windows 320円 3台
BBセキュリティ for Smart Device powered by McAfee® Android 300円 1台

 

シマンテック社のBBセキュリティ

対応OS 月額料金 利用可能台数
BBセキュリティ powered by Symantec Plus Windows/Mac/Android 570円 3台
BBセキュリティ powered by Symantec Windows 490円 3台

 

BBソフトサービス社のBBセキュリティ

対応OS 月額料金 利用可能台数
BBセキュリティ Internet SagiWall™(Android 版) Android 300円 1台

 

上記3社のセキュリティサービスの中で、いちばんおススメのサービスは、シマンテック社が提供する「BBセキュリティ powered by Symantec Plus」です。

月額570円というのは、BBセキュリティの中で一番高額なプランです。しかし、対応OSが「Windows」「Mac」「Android」と幅広く対応でき、同時に3台まで利用可能というのが特徴です。

パソコンとスマホをまとめてセキュリティ対策したい、と考えるのであれば本サービスプランをぜひおすすめします。

 

BBセキュリティを利用するメリット

パソコンやスマホのセキュリティソフトを購入する方法として、メーカーから直接購入する方法や、家電量販店などで製品コードを購入するという手段があります。

正直なところ、BBセキュリティを利用するよりも、長期的にはそちらの方が割安で購入できるかもしれません。

 

しかし、ソフトバンクのBBセキュリティは「安さ以外のメリット」があります。

 

更新手続き不要だから忘れる心配がない

BBセキュリティのメリットとして、更新手続きの手間が必要ないという点があります。

通常、セキュリティソフトを購入する場合は、1年や2年などの期間中だけ利用できる期間限定プランがほとんどです。

更新期限が過ぎたら、セキュリティソフトを購入しなおして、ソフトの再更新が必要となります。

ここで一番怖いのが「有効期限を過ぎたことに気づかずに、インターネットを利用し続ける事」です。

セキュリティソフトの有効期限に気が付かぬまま、インターネットを利用していて、ウィルスに侵されてしまっては、元も子もありません。

 

このような心配がいらないのがBBセキュリティのメリットです。

 

BBセキュリティを利用場合、セキュリティソフトの有効期限はなく、更新手続きの必要が一切ありません。サービス契約中であれば、ずっと利用し続けることが出来、更新漏れの心配がいりません。

一度、セキュリティソフトを端末にインストールしてしまえば、契約中の間は何年でも利用し続けることが出来ます。

もし、パソコンを買い替えたり、新しいバージョンのセキュリティソフトが提供されても、常に最新のセキュリティソフトをいつでもダウンロードすることが可能です。

 

ソフトバンクの支払いとまとめて管理が楽

BBセキュリティオプションは、ソフトバンクのケータイ回線やインターネット回線とまとめて支払うことが出来ます。

 

一般的なセキュリティソフトだと、ソフトの支払い方法は購入先へ個別に支払うこととなり、更新のタイミングなどで支払いの手間がかかったり、支払いそのものを忘れてしまうというリスクがあります。

支払いが完了しなければ、利用期間が更新できず、パソコンやスマホにセキュリティが保たれていない無防備な状態になってしまう危険性があります。

 

BBセキュリティでは、ソフトバンク回線と支払いをまとめることが出来るので、支払い漏れの心配がありません。

 

BBセキュリティの利用手順

BBセキュリティはソフトバンクが提供するオプションサービスのひとつです。

ソフトバンクエアー新規申し込み時に同時加入している方はそのまま利用できますし、申し込みしていなくとも後からオプション契約して利用することも可能です。

 

端末のOSを最新の状態にしたうえで、BBセキュリティを申し込みます。

BBセキュリティサービスページの申し込みページにアクセスし、S-IDでログインします。

ログインした後に、サービス申し込み画面が表示され、説明事項を確認の上申し込みを確定します。

 

BBセキュリティの申し込みが完了したら、ソフトをダウンロードする前に、お使いのパソコンやスマホのOSバージョンを最新の状態にしておきましょう。

万が一、古いOSだとセキュリティソフトが正常に動作しない・その他不具合などの問題が生じる可能性があります。

 

パソコンやスマホを最新OSにバージョンアップした後に、BBセキュリティページの「各種お手続き」→「ご利用開始手続き」の順に進み、申し込んだセキュリティサービスのソフトをページからセキュリティソフトをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、.exeファイルを実行し、ユーザーアカウントの制御画面が表示されますので、「はい」を選択し、端末内にインストールします。

インストールが完了したら、セキュリティがアクティブに動作している確認画面が表示されて、設定完了となります。

 

スマホやパソコンの安全と安心を守るため、是非活用しましょう。

 




-SoftBank Air, ソフトバンク光

Copyright© ソフトバンクマスター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.