ソフトバンク 2020年春モデル

ソフトバンクの「AQUOS R5G」発売決定! 5G対応の4眼カメラスマホ!

 

2020年2月17日にシャープ株式会社は、次世代通信方式「5G」に対応する新製品として「AQUOS R5G」を発表しました。さらに3月5日、ソフトバンクの5G発表会において、正式にソフトバンクからの発売も発表されました。

近年のソフトバンクでは、「AQUOS Rシリーズ」「AQUOS zeroシリーズ」「AQUOS senseシリーズ」と幅広いラインナップを提供し続けており、今回の「AQUOS R5G」もソフトバンクから発売される形です。

 

本記事では、AQUOS R5Gの特徴や進化した性能、スペックなどをまとめます。

AQUOS R5Gの主な特徴

 

AQUOS R5Gの主な特徴は以下の通りです。

  1. 第5世代移動通信システ「5G」に対応
  2. 8Kワイドカメラを搭載。広範囲の撮影でも細部まで鮮明に記録
  3. 10億色の表現力を持つ約6.5インチのPro IGZO 液晶ディスプレイが、肌の質感や青空のグラデーションなども忠実に再現
  4. 高性能CPU「Qualcomm Snapdragon 865 5G」と高速大容量メモリ 12GB RAM/
    256GB ROM を搭載。CPUのパフォーマンスを従来機比約25%向上

 

2020年はモバイル市場において大きな変革の年となりそうですが、国内メーカーではSHARP及びソフトバンクがいち早く5G対応スマホを発表しました。

また、8Kワイドカメラに対応し広い視野角で美しい動画や写真を撮ることができます。

さらに、10億色以上の表現力を持つ「Pro IGZO 液晶ディスプレイ」が8Kワイドカメラと相乗効果を発揮し、驚くほど綺麗な写真や動画を思い出に残すことができそうです。

なお、CPUはQualcomm社の最高性能チップ「Snapdragon 865 5G」を搭載し、処理能力の大幅な性能アップが期待できます。

 

AQUOS R5Gは次世代通信方式「5G」対応

 

AQUOS R5Gは、スマートフォン「AQUOS」として初めて5Gに対応しました。

5Gサービスが広がった世界では、4GLTEの世界と比べて、最大10倍の通信速度、最大10分の1の応答速度、最大10倍の同時端末接続の3つの進化が期待できます。

AQUOS R5Gがもしソフトバンクの5Gサービスに対応するとなれば、「高速・大容量」通信を活かし、映画などの大容量の動画データを数秒でダウンロードできるほか、ストリーミング視聴も快適に利用できるように変わるかもしれません。

また、搭載カメラで撮影した動画もクラウドのストレージや動画投稿サイト、SNSなどに高速でアップロードできるようになり、コンテンツの楽しみ方が予想を超える進化を遂げる事となりそうです。

 

AQUOS R5Gのカメラ性能について

AQUOS R5Gは8Kワイドカメラを搭載

 

AQUOS R5Gは、スマートフォン「AQUOSシリーズ」初の8Kワイドカメラを搭載しています。

120°の広い画角で、フルHDの16倍となる8K解像度(7,680×4,320ドット)の静止画や動画が撮影可能です。

多くの人が集まる場所などを広範囲に撮影しても、ひとりひとりの顔を鮮明に記録できます。

直近では、サムスン電子のGalaxy S20も8Kビデオ撮影に対応していますが、120°の広い画角で8K動画や静止画を撮影できる点においてはAQUOS R5Gが優れています。

関連記事:「ソフトバンクで「Galaxy S20」は発売される!? 超期待の5Gスマホ

 

撮影した8Kビデオをフォーカス再生可能

 

独自開発のAIが、動画に映った人やペット(犬、猫)などの被写体を自動で認識し、ズームして再生する「フォーカス再生」という機能を搭載しています。

例えば、ゲレンデをスキーで滑降するお子様を広範囲に撮影しておけば、動画再生時にお子様を自動認識でズーム再生することが出来ます。

 

4つのカメラレンズを搭載

 

AQUOS R5Gは、8Kワイドカメラを含む4つのカメラを搭載しています。

1,220万画素の標準カメラのほか、光学2倍ズームの望遠カメラや動画の背景にぼかしを入れるToFカメラを搭載しています。

4つのカメラを複数同時に駆動することで、静止画と動画の同時撮影ができるほか、背景をぼかして被写体を際立たせたるポートレートも簡単に撮影できるようになっています。

 

AQUOS R5Gの「Pro IGZO」液晶ディスプレイが驚くほどきれい

AQUOS R5Gのディスプレイは、約6.5インチの「Pro IGZO」液晶ディスプレイを搭載しています。

 

「Pro IGZO」液晶ディスプレイは、液晶テレビ「AQUOS」の高画質化技術を応用した「リッチカラーテクノロジーモバイル」により、10億色の表現力を有しています。

肌の質感や青空のグラデーションなど、HDR(ハイダイナミックレンジ)の映像を忠実に再現するほか、周囲の明るさや色温度に応じてホワイトバランスを自動で調整する「スマートカラーマッチング」という機能も搭載しています。

 

 

「Pro IGZO」の液晶ディスプレイは、最大輝度1,000cd/m2を実現し、強い日差しの下でも快適に視聴することが出来ます。

さらに、コンテンツに応じて輝度などを自動で調整する「HDRエンハンサー」機能を搭載しており、高い視認性と低消費電力を両立させています。

従来モデルのAQUOS R2と新製品のAQUOS R5Gの同環境下で撮影した写真を比べると、色合いや発色の良さが見違えるほど進化したのは一目瞭然です。

 

AQUOS R5GはAdobe Photoshop Expressがプリインストール

 

AQUOS R5Gは、Adobe(アドビ)社が提供しているAdobe Photoshop Expressという画像編集アプリが、本体にプリインストールされています。

Adobe Photoshop Expressは、本体に保存された写真をトリミング、フィルター、色合いを補正、テキスト入力して自分の好みの作品をつくることが出来るツールアプリです。

AQUOS R5Gの高解像度カメラと10億色の色彩を表現するディスプレイの能力を引き出す編集アプリとして重宝できそうです。

 

AQUOS R5Gは高性能CPUを搭載

AQUOS R5Gは、高性能 CPU「Qualcomm Snapdragon 865 5G mobile platform」の採用により、CPUのパフォーマンスを従来機比で約25%向上しているようです。

高速大容量メモリ 12GB RAM(LPDDR5)/256GB ROM(UFS3.0+ Write Booster)を搭載し、複数のアプリを同時に動作させても快適に使用できます。

ROMはUFS3.0搭載ですから、ストレージの読み込みスピードが圧倒的に速く、アルバム内の写真や動画の読み込みも圧倒的に速いスピードで処理してくれます。

また、AQUOS R5GはWi-Fi6(a/b/g/n/ac/ax)に対応しています。複数端末の接続時でも高速かつ安定的な通信が可能です。

 

AQUOS R5Gのカラーバリエーション

今回、SHARPが発表した「AQUOS R5G」のカラーバリエーションは、アースブルー、ブラックレイ、オーロラホワイトの3色です。ソフトバンクからも全く同色が発売されます。

バリエーションとしては、全体的にシックな色合いが印象的で、ハイスペックAQUOSシリーズで継承される高級感を引き継いでいます。

 

AQUOS R5Gのスペックまとめ

ここからは、AQUOS R5Gのスペックをまとめます。

 

製品名 AQUOS R5G
OS Android 10
サイズ 約162mm × 約75mm × 約8.9mm
重量 約189g
ディスプレイ 約6.5インチ クアッドHD+(3,168×1,440ドット)
CPU Qualcomm Snapdragon 865 5G mobile platform (2.8GHz+1.8GHz) オクタコア
メモリ RAM 12GB、ROM 256GB
アウトカメラ 標準カメラ 有効画素数 約1,220万画素 CMOS 裏面照射積層型、F値1.7レンズ[広角78°焦点距離26mm相当]、ハイスピードAF(全面位相差)、光学式手ブレ補正、電子式手ブレ補正、新画質エンジンProPix2(被写体ブレ補正)、AIライブストーリーPro
広角カメラ 有効画素数 約4,800万画素 QBC 裏面照射積層型、F値2.9レンズ[超広角120°焦点距離19mm相当]、電子式手ブレ補正、新画質エンジンProPix2(被写体ブレ補正)、AIライブストーリーPro、AIライブシャッター
望遠カメラ 有効画素数 約1,220万画素 CMOS 裏面照射積層型、F値2.7レンズ[望遠44°焦点距離52mm相当]、ハイスピードAF(PDAF)、ハイブリット16倍ズーム、光学式手ブレ補正、電子式手ブレ補正、新画質エンジンProPix2(被写体ブレ補正)、AIライブストーリーPro
ToFカメラ HQVGA
インカメラ 有効画素数 約1,640万画素 CMOS 裏面照射型
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
バッテリー容量 3,730mAh(内蔵電池)
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
生体認証 顔認証、指紋認証
その他の機能 おサイフケータイ/NFC

 

AQUOS R5Gは、アウトカメラの広角レンズの有効画素数が約4,800万画素に対応している点が大きな強みです。

大きな被写体や、動きが早い被写体だと、標準カメラでは画角に収まらないことがありますが、AQUOS R5Gだと広い視野角を動画や写真で8K撮影できます。

屋内外問わず、美しい画質で撮り逃しがなくなるでしょう。

 

AQUOS R5Gを動画でチェックする

 

近未来に感じていた5Gの世界が、もうすぐそこまで近づいている印象を受けます。

 

ソフトバンク版「AQUOS R5G」の発売日は?

ソフトバンクからAQUOS R5Gの発売が正式発表されると同時に、発売日もアナウンスされました。

2020年3月27日発売予定です。

当初の予想通り、といったところですね。

それ以外のソフトバンク5Gでは、ZTE Axon 10 Pro 5Gが同日発売され、LG V60 ThinQ 5Gが4月下旬、OPPO Reno3 5Gが7月下旬発売予定とされています。

つまりAQUOS R5Gは、ZTE Axon 10 Pro 5Gとともに、ソフトバンクにおける初5Gスマホ、ということになります。

わざわざ来店する必要がなく、頭金も不要なソフトバンクオンラインショップを是非活用して購入しましょう。→ソフトバンクオンラインショップ

 

AQUOS R5Gはトクするサポート+の対象機種

ソフトバンクの「トクするサポート+(プラス)」は、2020年3月27日より開始される、スマホ端末の負担額が最大半額免除されるお得なプログラムです。

これまでソフトバンクで提供されてきた同等のプログラムの歴史をたどると、2017年9月に「半額サポート」が提供開始され、2019年9月に「トクするサポート」へサービス変更された後、今回新たに「トクするサポート+」へ変更されることとなります。

新しいトクするサポート+は、従来のトクするサポートと比べて、プログラム料が不要になり、なおかつ特典の選択肢が増えるというバージョンアップが施され、れまでよりも圧倒的にお得でわかりやすい内容に変更されます。

 

そして、ソフトバンクの5G端末が発売開始される3月27日より、同時にトクするサポート+も開始されることとなります。もちろん、AQUOS R5Gもトクするサポート+対応機種です。

トクするサポート+の内容をいち早く予習しておきましょう!

関連記事:「ソフトバンクの「トクするサポート+(プラス)」をわかりやすく理解する!

 




-ソフトバンク 2020年春モデル

Copyright© ソフトバンクマスター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.