ソフトバンクのサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ソフトバンクマスター

ソフトバンクの機種変更 ソフトバンク・2020年夏モデル

ソフトバンクで「Galaxy S20」は発売される!? 超期待の5Gスマホ

更新日:

 

ドコモやauと比べると、ソフトバンクではGalaxyシリーズが発売される確率はかなり低いです。

直近2年で言っても、フラッグシップモデルであるGalaxy S9もGalaxy S10もソフトバンクからは発売されていません。

 

しかし、今回海外にて発表された最新スマホ・Galaxy S20については、ソフトバンクから発売される可能性もありそうです。

何故なら、今回のGalaxyは「5G」対応機種です。いよいよ各社5Gサービス開始が目前に迫っている中、まだ5G対応スマホを発売できるメーカーはそれほど多くないと考えられ、5G用のラインナップを揃えるためにも、Galaxyの発売はあり得るのではないか、というわけです。

 

ということで、今回はGalaxy S20について、先取りして確認していきます!

Galaxy S20は3モデル

Galaxy S20シリーズの詳細について確認していきます。

現段階では、ソフトバンクから発売されるのか一切不明ですが、サムスン電子から正式発表されているグローバル版について、今回は見ていこうと思います。

 

今回のGalaxyは、S20シリーズとして、ディスプレイサイズやスペックの違いによる3モデルが発表されています。

名称はGalaxy S20・Galaxy S20+・Galaxy S20 Ultraの3モデルです。

 

各モデルは、有機ELディスプレイを搭載し、次世代通信方式の5Gに対応しているという点において共通しています。

モデルごとに異なる点としては、ディスプレイサイズ、端末の重量、RAM/ROMの搭載容量、バッテリー容量、カメラの有効画素数、高画質動画撮影、端末のカラーバリエーションといったところです。

 

ただし、そもそも現段階ではソフトバンクからGalaxy S20シリーズが発売されるかどうかも不明ですし、実際に発売開始された場合、どのモデルが採用されるかは不明です。

もしソフトバンクから発売開始されるとするなら、個人的にはGalaxy S20 Ultraの超高画質カメラを使ってみたいです。

 

Galaxy S20シリーズのデザインやカラーバリエーションを確認する

Galaxy S20シリーズの3モデルごとに端末のカラーバリエーション、ディスプレイサイズ、重量が異なります。

モデル別に詳細を確認します。

 

Galaxy S20のデザイン

 

Galaxy S20シリーズで一番小型の「Galaxy S20」は、ディスプレイサイズ6.2インチで重量は163gです。

グローバル版のカラーバリエーションは「Cosmic Gray」「Cloud Blue」「Cloud Pink」の3色です。ポップなカラーバリエーションが印象的です。

 

Galaxy S20+のデザイン

 

Galaxy S20シリーズで中型サイズの「Galaxy S20+」は、ディスプレイサイズ6.7インチで重量は188gです。

グローバル版のカラーバリエーションは「Cosmic Black」「Cosmic Gray」「Cloud Blue」の3色展開です。

 

Galaxy S20 Ultraのデザイン

 

Galaxy S20シリーズで中型サイズの「Galaxy S20 Ultra」は、ディスプレイサイズ6.7インチで重量は222gです。

グローバル版のカラーバリエーションは「Cosmic Black」「Cosmic Gray」の2色展開です。

 

Galaxy S20のバッテリー容量

次にGalaxy S20シリーズのバッテリー容量について確認します。

バッテリー容量については各モデルによって異なり、Galaxy S20が約4,000mAh、Galaxy S20+が約4,500mAh、Galaxy S20 Ultraが約5,000mAhです。

 

数値だけ見ると十分な性能だと考えられますが、実際には高精細なディスプレイ表示や高性能機能を処理する為、その分エネルギー消費率が高まることから、実使用時間については従来のスマホと代り映えしないと予測できます。

ただ、5Gで高速通信を利用する時の電池消耗がどれくらいになるか予測がつかないため、この辺りは実際に手に取って確認してみたいところです。

 

Galaxy S20のカメラ

今回発表されたGalaxy S20の一番注目したい特徴がカメラ性能の大幅な進化です。

 

驚愕のカメラ有効画素数

 

各モデルのアウトカメラ有効画素数は、Galaxy S20とGalaxy S20+が約6,400万画素、Galaxy S20 Ultraが約1億800万画素です。

一瞬、見間違えではないかと思うほどのカメラスペックに驚きます。

なお、インカメラの有効画素数は、Galaxy S20とGalaxy S20+が約1,000万画素、Galaxy S20 Ultraが約4,000万画素です。

背面の超広角カメラで撮影する際は約1,200万画素となる点は注視すべきところですが、それでも十分美しい写真を残すことが出来ます。

さらに、Galaxy S20とGalaxy S20+はハイブリッド光学ズーム3倍、超解像度最大30倍に対応し、Galaxy S20 Ultraはハイブリッド光学ズーム10倍、超解像度ズーム最大100倍まで対応しています。

進化したズーム機能は、肉眼では確認できないほど遠くの被写体をくっきりとキレイに認識できます。もはや、双眼鏡の代わりとして使えそうです。

 

8Kビデオから約3,300万画素の写真を切り出せる

 

Galaxy S20シリーズでは8K(7680x4320)の24fps動画の撮影に対応します。

ちなみに、8K撮影した動画から約3,300万画素の静止画を切り取って写真として保存することも可能です。

 

Galaxy S20ほどのディスプレイサイズでは8K動画を再現することは難しいかもしれませんし、8Kコンテンツを表示できるディスプレイもまだまだ普及していないのが現状です。

一体、どのように8K動画を活用すれば良いのかという点が気になるところですが、8K動画から約3,300万画素の静止画を取り出すための写真ツールのひとつとして活躍するのではないかと期待しています。

 

シングルテイク機能

 

Galaxy S20シリーズのカメラではシングルテイクという機能に対応しています。

シングルテイク機能とは進化した連続撮影機能のことで、最大10秒間撮影する間にAIが瞬時に写真や動画をエフェクト加工し、フォトジェニックなピクチャやムービーを自動生成してくれる機能です。

従来のスマホカメラでは、シャッターを切る前後にフォトジェニックな加工を1枚に限り自動補正してくれる機能が主流でした。

Galaxy S20のシングルテイク機能では、シャッターを切る間に写真撮影と加工を複数枚同時に処理するという点で進化しています。

この機能を活用すれば、もはや取り逃しも後から加工する手間もなく、5Gの高速通信であっという間にSNSへアップロードできるようになりそうです。

 

Galaxy S20シリーズのメモリやストレージについて

Galaxy S20グローバルモデル版としては、通信方式が次世代の5GとLTE(従来の4G通信)によって本体のメモリや内部ストレージの容量に違いがあります。

スペック一覧は以下の通りです。

 

シリーズ 通信方式 RAM ROM
Galaxy S20 5Gモデル 12GB 128GB
LTEモデル 8GB 128GB
Galaxy S20+ 5Gモデル 12GB 512GB
256GB
128GB
LTEモデル 8GB 128GB
Galaxy S20 Ultra 5G/LTEモデル共通 16GB 512GB
12GB 256GB
12GB 128GB

 

仮にソフトバンクからGalaxy S20シリーズが発売されたとしても、全てのモデルを採用する可能性は大幅にコストがかかってしまうため、極めて低いでしょう。

ただ、5Gサービスを見据えて提供されると考えるならば、RAMは最低12GB以上、内部ストレージは最低128GB以上搭載されることが期待できそうです。

高画質な8Kや4K動画、写真などを保存するには大量のストレージを確保する必要があります。

Galaxy S20シリーズは各モデル最大1TBの外部SDカードにも対応しているため、保存容量を気にせず使い込むことが出来そうです。

 

Galaxy S20シリーズスペックまとめ

Galaxy S20 Galaxy S20+ Galaxy S20 Ultra
本体サイズ 151.7 x 69.1 x 7.9mm 161.9 x 73.7 x 7.8mm 166.9 x 76.0 x 8.8mm
ディスプレイサイズ 6.2インチ 6.7インチ 6.9インチ
ディスプレイ性能 Quad HD+ Dynamic 有機EL 2Xディスプレイ(解像度3200x1440)、HDR10+、120Hzリフレッシュレートをサポート
重量(5Gモデル) 163g 188g 222g
カラーバリエーション 3色:「Cosmic Gray」「Cloud Blue」「Cloud Pink」 3色:「Cosmic Black」「Cosmic Gray」「Cloud Blue」 2色:「Cosmic Black」「Cosmic Gray」
バッテリー容量 4000mAh 4500mAh 5000mAh
RAM 最大12GB 最大12GB 最大16GB
ROM 最大128GB 最大512GB 最大512GB
外部ストレージ micro SD最大1TBまで対応
CPU 7㎚ 64-bit Octa-Core Processor  2.7GHz (Maximum Clock Speed)+2.5GHz+2GHz  または、7㎚ 64-bit Octa-Core Processor 2.8GHz (Maximum Clock Speed)+2.4GHz+1.8GHz
OS Android 10
アウトカメラ有効画素数 約6,400万画素 約6,400万画素 約1億800万画素
インカメラ有効画素数 約1,000万画素 約1,000万画素 約4,000万画素
ハイブリッド光学ズーム 最大3倍
最大10倍
超解像度ズーム 最大30倍
最大100倍
超広角撮影 最大120度の視野角まで撮影可能(※画質は約1,200万画素)
動画撮影 720p HD動画 30fps (1280x720)、1080p FHD動画 60fps (1920x1080)、4K UHD動画 60fps (3840x2160)、8K動画 24fps (7680x4320)、スーパースローモーション動画720p  960fps、スローモーション動画1080p 240fps、ハイパーラプス動画1080p対応
耐久性 IP68(防塵・防水対応)
生体認証 画面内指紋認証(超音波式)
Bluetooth規格 Bluetooth® v 5.0対応
Wi-Fi規格 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax 2.4G+5GHz
USB形状 USB type-C

 

現段階では、ソフトバンクからどのモデルが発売されるか、またはそもそも発売自体されるのか不明確ではありますが、仮にどのモデルが発売したとしても十分満足できるスペックです。

特にカメラ性能においては、Galaxy S20とGalaxy S20+がアウトカメラ有効画素数約6,400万画素、Galaxy S20 Ultraが約1億800万画素という点は、目を疑うほど高スペックで大変期待できます。

これまで発売されてきたGalaxy Sシリーズでは年々使い心地の良さに関心するものですが、Galaxy S20シリーズでも最高の仕上がりになっているだろうと期待できます。

 

ソフトバンク「5G」のサービス開始と共にGalaxy S20シリーズが発売される期待感

いよいよ2020年3月末よりソフトバンクから、次世代通信方式「5G」が提供開始されると話題を呼んでいます。

5Gサービス開始当初は、おそらく東京・大阪・名古屋などの人口密集地域を中心にスタートし、徐々に全国へエリアが拡大することが予想されます。

ただ、2020年3月末に5Gサービスを開始したとしても、5Gに対応した最新端末でなければ高速通信を利用することが技術的に不可能です。

という事は、2020年3月末の5Gスタートと同じくして、5G対応の最新スマホも同時に発表される可能性は濃厚だと考えられます。

 

ここで気になるのは、ソフトバンクの5G対応スマホは、どこのメーカーのモデルを提供するのか?という点です。

ソフトバンクは、国内キャリアでいち早くAppleのiPhoneを販売取扱いしたことで有名ですが、一方でAndroidスマホの提供はドコモやauと比べてやや消極的な印象です。

ソフトバンクのGalaxyシリーズは、ここ最近は取り扱われておらず、iPhoneやGoogle Pixelシリーズがソフトバンクのメイン製品として提供されています。

今回の5Gスタートに伴い、国内メーカーのAndroidスマホで5Gサービスを展開することも予測できますが、それだけではサービスの普及には今一つ魅力不足も否めません。

とすれば、ソフトバンクがGalaxy S20シリーズを5Gサービスを普及させるための起爆剤として採用し、サービス普及の追い風を狙う可能性が大いに期待できます。

以上の点から考えて、完全に個人的な予測の話ですが、もしソフトバンクからGalaxy S20が発売されるとなれば、早くて2020年3月末の5Gサービス提供開始と同時期から2020年夏頃が濃厚ではないかと期待できます。

 

Galaxy S20がトクするサポート+の対象機種となる可能性

ソフトバンクの「トクするサポート+(プラス)」は、2020年3月中旬以降より開始される、スマホ端末の負担額が最大半額免除されるお得なプログラムです。

これまでソフトバンクで提供されてきた同等のプログラムの歴史をたどると、2017年9月に「半額サポート」が提供開始され、2019年9月に「トクするサポート」へサービス変更された後、今回新たに「トクするサポート+」へ変更されることとなります。

新しいトクするサポート+は、従来のトクするサポートと比べて、プログラム料が不要になり、なおかつ特典の選択肢が増えるというバージョンアップが施され、れまでよりも圧倒的にお得でわかりやすい内容に変更されます。

 

Galaxy S20のグローバルモデルが発売されるのが3月6日頃とすでにサムスン電子が発表しており、ソフトバンクの5Gが3月末頃より開始とするならば、もしソフトバンク版Galaxy S20が発売された場合、トクするサポート+の対象機種となる可能性が濃厚でしょう。

ソフトバンクからGalaxy S20が発売された場合に備えて、トクするサポート+の内容を予習しておきましょう!

関連記事:「ソフトバンクの「トクするサポート+(プラス)」をわかりやすく理解する!




-ソフトバンクの機種変更, ソフトバンク・2020年夏モデル

Copyright© ソフトバンクマスター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.