ソフトバンクのiPhone

iPhone 8 Plus からiPhone 11 Proに機種変更してみたらこんなに違った!

2017年9月、AppleがiPhone 8とiPhone 8 Plus、iPhone Xの3モデルを発表しました。

当初は、iPhone Xの新しいデザインやFace IDが話題を集めていましたが、私はその状況下でiPhone 8 Plusを選んで購入しました。

 

それから2年経ち、愛用のiPhone 8 Plusに、とあるトラブルが発生したためiPhone 11 Proへ機種変更しました。

結論から言うと、私はiPhone 11 Proに機種変更して、とても満足しています。

 

本記事では、実際にiPhone 11 Proへ機種変更して感じたメリットやデメリット、または大画面のiPhone 8 Plusから小型のiPhone 11 Proへ切り替えた理由など、私の体験談をもとにお伝えします!

 

関連記事:「ソフトバンクで機種変更! おすすめスマホ/安いスマホの買い方まとめ

私がiPhone 8 Plusを使っていた理由

これまで私がiPhone 8 Plusを使っていた理由は3つありました。

1つ目は「大画面でコンテンツを利用したい」、2つ目は「タッチIDが快適だから」、3つ目が「カメラのポートレートモードを使いたい」という3点です。

 

はじめに、「大画面コンテンツを利用したい」と考えたきっかけは、当時から遊んでいたゲームアプリとYouTubeをよく利用していたという影響が大きいです。

画面が小さなスマホの場合、私が遊んでいるゲームアプリでは、タッチできる範囲が狭く、誤操作を招きかねないという懸念がありました。また、YouTubeは大画面で没頭して楽しみたいという考えもありました。

 

次に、「タッチIDが快適だから」と考えていた理由は、同時発売されたiPhone XのFace IDを不便に感じていた事が影響しています。

Face IDでは、マスクなどで顔が隠れているとセキュリティを解除できないことがあります。発売当初は肌寒い季節で、普段からマスクを着用していることが多かったこともあり、ロック解除の度にマスクを取ったり外したりしなければならない煩わしさがあります。

一方、iPhone 8 PlusのTouch IDなら、ホームボタンに指をのせるだけでロック解除でき、いちいちマスクを外す手間はいりません。そんなところに快適性を感じてiPhone 8 Plusを選択しました。

 

最後に、「ポートレートモードを使いたい」という点は、子供の写真をキレイに残したいという想いが強くありました。

iPhone 7 Plusで初めて搭載されたポートレートカメラですが、背景をぼかして、撮りたい被写体に焦点をあてて写真を撮る画期的な技術は、これまでのスマホにはほとんどない新しい機能でした。また、iPhone 8 Plusではポートレートモード撮影時に、iPhone 7 Plusよりも被写体の輪郭がよりくっきり映るようになりました。

当時、子供が産まれて間もないことも後押しし、子供の写真をキレイに残したいという強い想いからiPhone 8 Plusを選択しました。

 

iPhone 8 PlusからiPhone 11 Proに機種変更した理由

私はこれまでiPhone 8 Plusを約2年間使い倒してきて、一切の不満はありませんでしたが、とある不便な症状をきっかけにiPhone 11 Proへ機種変更することを決意します。

そのきっかけが「内臓電池の劣化」でした。

 

 

購入してから毎日仕事やプライベートで使い倒してきたiPhone 8 Plusは、2年間で電池性能が83%まで低下していました。

夜寝る前に充電を開始し、朝出かける時に100%の状態でも、出先で天気やニュースSNSをチェックし、途中でゲームや動画を楽しんだらあっというまに電池残量は20~30%台まで低下します。

夕方、帰路につくときには電池残量が10%台ということもよくあり、夜中に外食して帰宅する場合には電池残量が底を尽き、家族に連絡が取れないという経験もしました。

どうしても困るという状況でもありませんでしたが、「毎日電池残量を気にしながら生活すること」が私にとって大きなストレスだったため、新しいiPhoneに機種変更することを決意したわけです。

 

 

私がiPhone 11 Proを選んだ理由

 

私が、大画面モデルのiPhone 8 Plusから小型モデルのiPhone 11 Proを選んだ理由は3つあります。

1つ目は「とにかく電池持ちを改善したい」、2つ目は「片手で操作できるサイズ感が良い」、3つ目は「トリプルカメラで超広角撮影を使いたい」という3点でした。

 

最初の「電池持ちを改善したい」という理由は言うまでもなく、現在のiPhone 8 Plusの電池の減りの早さや電池残量を気にするストレスから早く解放されたいからです

 

ちなみにiPhone 8 PlusとiPhone 11 Proの実使用時間の違いは以下の通りです。

 

iPhone 8 Plus iPhone 11 Pro
連続ビデオ再生時間 最大14時間 最大18時間
連続オーディオ再生時間 最大60時間 最大65時間

 

iPhone 8 Plusと比べてiPhone 11 Proは連続ビデオ再生時間において最大128%性能アップ、連続オーディオ再生時間は最大108%性能アップしています。

 

 

次に、「片手で操作できるサイズ感が良い」と考えていた理由は、iPhoneで文字を打つときやゲームで遊ぶ時に常に両手でiPhoneを持つ必要があり、小さな子供を抱っこしながらiPhoneを操作することが極めて困難で不便に感じていたからです。

例えば、天気やニュースを観たり、LINEの返信やゲームアプリで少し遊ぶ時は、いつもiPhone 8 Plusを左手で持ちながら、右手の親指で操作をするスタイルが基本でした。

しかし、子供と一緒に出掛ける機会が増えた今ではそれが足かせとなっているのです。

 

休日に家族で出かける際は、小さな子供を抱っこしたり、万が一の時に備えておむつや着替えやおやつなんかをバッグに入れて持ち運んでいます。常に片手には子供や荷物を抱えているのが標準スタイルです。

こうなると、iPhone 8 Plusをポケットから取り出して両手で操作するのは非常に大変です。一度立ち止まって、子供や荷物をおろして操作するようなことがありました。

iPhone 11 Proを実際に手に取ってみると、片手にすっぽりとおさまるサイズで、利き手で文字をうったり、アプリをスクロールするのが非常に楽です。

 

参考までにiPhone 8 PlusとiPhone 11 Proの本体サイズの比較します。

 

iPhone 8 Plus iPhone 11 Pro
高さ 158.4mm 144.0mm
78.1mm 71.4mm
厚さ 7.5mm 8.1mm
重さ 202g 188g
ディスプレイサイズ 5.5インチ 5.8インチ

 

iPhone 8 PlusからiPhone 11 Proに機種変更すると、本体サイズはスリム化しながらもディスプレイサイズが大画面化します。

本体が小さくなって、片手で操作しやすくなり、さらに大画面でゲームや動画を楽しみたい私にとっては非常にありがたいポイントです。

これについてはiPhone 8 Plusと同時期に発売したiPhone Xでも同じような本体とディスプレイサイズの違いがあるわけですが、あれから2年経ち子供が大きくなるにつれて利用環境や生活環境が変化したからこそ、フルディスプレイiPhoneの必要性に気づくことが出来ました。

 

 

最後に、「トリプルカメラで超広角撮影を使いたい」と考えた理由は、子供の成長記録におけるカメラ機能の幅を広げたいという想いがあったからです。

iPhone 11 Proの超広角レンズは視野角120度で目の前に見える景色の多くをカメラに収めることが可能です。

 

iPhone 8 PlusとiPhone 11 Proカメラ性能の比較は以下の通りです。

 

iPhone 8 Plus iPhone 11 Pro
ナイトモード ×
アウトカメラ 12MP(広角と望遠) 12MP(超広角と広角と望遠)
アウトカメラのポートレート
ポートレートのボケ効果と深度コントロール(アウトカメラ) ×
フロントカメラ 7MP 12MP
フロントカメラのポートレート
ポートレートのボケ効果と深度コントロール(フロントカメラ) ×
オーディオズーム(ビデオ) ×
ステレオ録音(ビデオ) ×

 

iPhone 11 Proのカメラでは、ナイトモードの対応やポートレートのボケ効果と深度コントロールに加え、ビデオ撮影時のオーディオズームとステレオ録画に対応した点が大きく進化しました。

 

ナイトモードは、暗いところでの写真を明るい場所で撮ったような仕上がりに補正してくれる機能です。例えば、子供の誕生日にケーキにロウソクに火をつけて暗い部屋で撮影しても、子供の表情をはっきり写すことが出来ます。

ポートレートモードの深度コントロールは、撮影したポートレート写真の背景と被写体のボケ具合を後から編集して調整できる機能です。

オーディオズーム機能は、動き回る子供を遠目からズームで撮影した時に、周りの音をある程度遮断して、ズームした子供の声にフォーカスをあてて録音してくれる機能です。しかもステレオ録音なので、画面内を左右に動き回ってもその場の臨場感をそのまま音に残してくれます。

このように、進化したカメラ機能が子供の成長記録の選択肢を大きく広げると考え、iPhone 11 Proを購入することに決めました。

 

データの移行はiMacで行う

iPhone 8 PlusからiPhone 11 Proへ機種変更する際、私は愛用しているiMacで全てのデータを移行しました。

 

 

従来はiTunesでまるごとバックアップを取り、新しいiPhoneへ移行するのが通常したが、iMacの新しいmacOS catalina以降、iTunesではなくFinderからデータ移行する仕様へ変更となりました。

パソコンである程度のデータ移行が完了した後、iPhone 11 ProへSNSや各ゲームアプリのアカウント入力を済ませて設定完了です。

 

ちなみに、本体のデータを丸ごと移行する場合は、本体の保存容量を圧迫しつづけることにもつながるため、必要に応じてGoogleフォトなどの無制限クラウドを活用しつつ、写真や動画を移行していくことをおススメします。

 

 

iPhone 11 Proに機種変更して感じたメリット

 

iPhone 8 PlusからiPhone 11 Proへ機種変更して私自身が良かった点は電池持ちを気にするストレスがなくなったこと、iPhoneの操作が効率良くなったこと、子供の成長記録を残すことが楽しく変わったことの3点です。

 

iPhone 8 Plusで内臓電池の劣化に悩まされていましたが、iPhone 11 Proに機種変更した当日以降、電池の減りを気にするストレスから完全解放されました。

これまでのように出先で一日中フルで使い倒しても、帰宅時は50%ほど電池残量が残っており、残りの電池残量を気にする必要がなくなり、心に余裕が生まれました。

 

また、iPhone 11 Proに機種変更したことで本体が非常に持ちやすくなり、子供を抱っこしながらiPhoneでLINEを返信したり、ニュースや天気情報を見るのも快適に変わりました。もう、いちいち子供や荷物を下におろして操作する必要はありません。

 

さらに、ナイトモードやオーディオズーム、ステレオ録音やポートレートモードの新機能により子供の写真や動画を撮影するのがとても楽しくなりました。

 

特に、ポートレートカメラの倍率が選択できるようになった点がとても便利です。具体的に言うと、ポートレートカメラ撮影時のズーム倍率が1倍か2倍を選択できるようになり、超広角レンズの特徴を生かし、被写体に近い場所で撮影してもポートレート撮影を上手にできるようになりました。

これまでiPhone 8 Plusでポートレート撮影を行う時は、被写体とカメラの距離を一定の間を取らなければピントが合わず枠に収まらなかったのですが、iPhone 11 Proの場合だとポートレート撮影時のズーム倍率を1倍か2倍で選択して撮影することが出来ます。

 

 

図にある赤い丸の数字をタップするだけで簡単に倍率を切り替えることができます。

これまでのiPhone 8 Plusで子供をポートレートカメラで撮影する時は、ある程度の距離まで子供から離れて撮影しなければなりませんでした。程よい距離を確保する間にシャッターチャンスを逃してしまう事もありました。

しかし、iPhone 11 Proのポートレートカメラでは倍率調整が可能なうえ、子供の至近距離でポートレートカメラを撮影しても、ぼかしが効いた写真を上手に撮れるようになりました。一定距離を確保する手間が削減され、被写体との距離感に関係なく一瞬のシャッターチャンスを逃さないように進化したのでとても便利に感じています。

 

iPhone 11 Proに機種変更して感じたデメリット

一方で、iPhone 11 Proに機種変更したものの「iPhone 8 Plusの方が良かったな」と感じる点もあります。

それは、一部のアプリの表示が小さく感じる点、Face IDが不便な点です。

 

私が以前から利用しているゲームアプリでは、iPhone 11 Proの画面表示がiPhone 8 Plusの事に比べて小さく小型化したように感じるものがありました。iPhone 11 Proでは画面上部にノッチ(画面の切り欠き)があり、この部分にゲームの重要な情報が被らないよう工夫が施されているのですが、それが影響してゲーム画面全体が縮小された表示で最適化されています。

以前より同ゲームを楽しんでいた私としては、ディスプレイサイズが大きくなりつつも、アプリの画面表示が小さくなったため少し残念でした。

 

また、Face IDよりもTouch IDのほうが便利でした。Face IDの場合、どうしても顔の一部が覆われていると認識できず、ロックが解除できません。これまでは、指紋による認証に慣れていたこともあり、不便に思ったことはありませんでした。iPhone 11 Proで顔認証に変わってからは、マスクをしたり、寝起き直後にうまく認証できません。

まぁ、それでもその他の満足感が高いので不満はありません。Face IDでうまくロック解除できない場合は、パスコードでセキュリティを解除しています。

 

 

子育て世代はiPhone 11 Proがおすすめ!

 

iPhone 11 Proへ機種変更は、子育て世代のユーザーにぜひお勧めします。

iPhone 11 Proは2019年秋に発売されたiPhoneシリーズの中でも一番本体サイズが小さく、片手で容易に操作することができる点がポイントです。

たくさんの荷物や子供の手を繋いでいても、LINEのチェックもカンタンに出来るので手間がかかりません。

 

また、トリプルカメラで望遠から超広角まで撮影でき、iPhone 11 Proの標準機能として、その後の画像編集もカンタンに行えます。わざわざ画像編集アプリを探したりする必要もいらないほど完成度の高い仕上がりを実現します。

子供の運動会や家族旅行の思い出もキレイに残すことが出来ます。

 

これまで私自身の体験をもとに伝えてきましたが、iPhone 11 ProはiPhone 8 Plusから格段に進化した大満足のスマホでした。

 

ソフトバンクでiPhone 11 Proをオトクに買うコツについて

iPhone 11 Proは購入後、間違いなく大満足できる高性能スマホです。それゆえ本体価格は高価なため、ソフトバンクでいかに安く購入するかどうかがポイントです。

ちなみに、スマホを実質的に安く購入できる月月割は2019年9月12日で提供終了しました。それに加えて、端末本体価格の値引きも2万円を上限として設定されるなど、ユーザーにとってはスマホを安く買えない時代になったように感じますが、それでも安く購入するポイントやコツがあります。

 

大幅割引を活用するために抑えておきたいポイントは2つです。

ひとつめは、「トクするサポート」の活用で、iPhone 11 Proを実質的に半額近い金額で購入するプログラムを利用する方法の活用です。

ふたつめは、下取りプログラムを利用し、数万円単位の割引を適用する方法です。特にiPhoneは中古市場では高く評価されており、下取りプログラムでも大幅な割引対象機種なので、現在iPhoneを利用しているユーザーなら活用しない手はありません。

 

さらに、ソフトバンクの新プラン「ミニモンスター」や「ウルトラギガモンスター+」に「みんな家族割+」や「おうち割 光セット」を割引して、毎月の基本料金をオトクに見直すことも通信料金総額を安くしていくために忘れずにいたいです。

ちなみに、現在ガラケー利用中のユーザーなら「スマホデビュープラン」で基本料金980円から利用できる破格のキャンペーンも提供されています。

 

最後に、ソフトバンクオンラインショップで購入することを意識しておきましょう。通常、ソフトバンクショップ店頭や家電量販店で購入する場合、店舗によって定められた頭金が0円~10,000円程度で設定されています。

ただし、ソフトバンクオンラインショップであれば頭金不要でiPhone 11 Proを購入することができます。ちなみにスマホ本体を購入する場合、日本全国送料や代引き手数料も無料です。

つまり、iPhone 11 Proを購入する場合はショップで購入するよりもソフトバンクオンラインショップで購入した方が断然お得なのです。




-ソフトバンクのiPhone

Copyright© ソフトバンクマスター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.