ソフトバンクのサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ソフトバンクマスター

ソフトバンクのiPhone

iPhoneの「インターネット共有」でテザリング設定して実験してみた

投稿日:

 

テザリングを使ってみよう、と思った時に、「テザリング」という言葉をiPhoneの設定で探してみたけれどもどこにもない! という経験をされたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

それもそのはず、iPhoneではテザリングのことを「インターネット共有」という言葉で表現しているからです。

まずはこの基本を押さえておく必要があります。

その上で、インターネット共有を利用してテザリングを使っていく方法について、今回は解説していきます。

そもそもテザリングとは

そもそもテザリングとは何なのか、という点については、以前「ソフトバンクの「テザリングオプション」をわかりやすく徹底解説!」でもご案内しましたが、簡単に改めて触れておきます。

 

テザリングとは、スマホやケータイを親機として、受信した電波を付近のWi-Fi対応機器(パソコン・スマホ・タブレット・ゲーム機など)に送信し、通信環境を構築できる機能です。

もう少しわかりやすく言うと、スマホを通じてパソコンでインターネットができるようになる、というような感じです。

テザリングという言葉自体は、スマホが登場する以前から知られてはいましたが、スマホの普及に伴い、一気に広く一般に浸透しました。

 

テザリング機能を利用すれば、外出先で他端末を手軽にインターネット接続できるため非常に便利です。

しかし、スマホのデータ量を消費するため使い方に注意が必要ですし、スマホ本体の電池の減りも早くなるため、そうした点を意識しながら利用しなければなりません。

 

iPhoneでインターネット共有(テザリング)するための事前準備

ソフトバンクにおけるテザリングは、その場ですぐに利用開始できるわけではありません。ソフトバンクのSIMを入れたiPhoneでテザリングを利用する為には、事前準備としてiPhone本体の「キャリア設定アップデート」の確認と、「テザリングオプションの契約」が必要です。

 

まず、キャリア設定アップデートについては、「iPhoneの設定」→「一般」→「情報」の「キャリア」の欄を確認しましょう。

ソフトバンクの場合は「ソフトバンク13.2」以上のバージョンであれば、利用可能です。

もし、それ以下のバージョンの場合は、「iPhoneの設定」→「一般」→「情報」を選択すると「キャリア設定のアップデート」がポップアップ表示されるので、「アップデート」をタップした後、アップデート後にiPhoneの電源を再起動すれば完了です。

 

さらに、iPhoneのインターネット共有(=テザリング)を利用するには、通信キャリアによっては「テザリングオプション」を契約しなければ利用できない事業者があります。

例えば、ソフトバンクやauでiPhoneを利用する場合は、テザリングオプションの契約が必須ですが、NTTドコモでiPhoneを利用する場合はテザリングオプションの契約の必要はなく、すぐに使い始めることが出来ます。

 

ソフトバンクのテザリングオプションは、テザリングを利用するためには申し込み必須のオプションであり、申し込みしなければテザリングを利用することが出来ません。なお、テザリングオプションの月額料金は、現在契約中の料金プランによって異なります。以下、まとめます。

 

料金プラン 月額料金
データプラン50GB+
データプランミニ
データプラン1GB(スマホ)
データプラン1GB(ケータイ)
データプラン100MB
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 20GB/30GB/50GB
データ定額スマホデビュー
家族データシェア 50GB/100GB
法人データシェアギガパック(50)/(100)
500円
データ定額ミニ 1GB/2GB
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額 5GB
データ定額S(4Gケータイ)
無料
上記以外 500円(加入から2年間は無料)

 

ソフトバンクのメジャーな料金プランである「ミニモンスター(データプランミニ)」「ウルトラギガモンスター+(データプラン50GB+)」「スマホデビュープラン(データプラン1GB(スマホ))」のテザリングオプション利用料金は500円です。

これらの料金プランでテザリングオプションを利用した場合、親機の契約中プランのデータ量を消費します

特に、料金プランをミニモンスターで契約している場合は、当月利用したデータ量に応じて段階制で料金が確定しますが、ザリング接続先の機器での使い方によってはデータ使用量が圧迫されて料金が高額になりやすいため、要注意です。

 

ちなみに、ソフトバンクのテザリングオプションを利用できる対応機種は以下の通りです。

 

テザリングオプション対応機種
iPhone 対応(SoftBank 4G LTE 及び SoftBank 4G 対応の iPhone)
iPad 対応(SoftBank 4G LTE 及び SoftBank 4G 対応の iPad)
スマートフォン 対応(4Gスマートフォン)
タブレット 対応
ケータイ かんたん携帯10、AQUOS ケータイ3、DIGNO® ケータイ2、AQUOS ケータイ2

 

ソフトバンクのiPhoneももちろんテザリングオプション対応機種で、それ以外にもほとんどの機種でテザリングオプションを利用することが可能です。

 

iPhoneでインターネット共有(テザリング)するための設定手順

iPhoneでテザリングを利用したい場合、まずはテザリング親機となるiPhoneの設定から「インターネット共有」へアクセスして、設定をカスタマイズする必要があります。

 

 

 

「設定」→「インターネット共有」へ進んだ次の画面で、「ほかの人の接続を許可」にチェックを入れて、"Wi-Fi"のパスワードを任意の半角英数字8文字以上に変更しましょう。こうすることで、不特定の相手の端末に接続されるようセキュリティを高めることが出来ます。

 

ここまでの設定が完了したら、テザリング接続先の子機となる端末でWiFi機能をオンにします。WiFi接続設定時に親機であるiPhoneの所有者名が表示されるので、それをタップし、先ほど設定した任意の英数字8文字以上のパスワードを入力すれば接続完了です。

 

親機のiPhoneと、子機となる端末のWiFi接続が完了すると、親機のiPhoneの画面上部が青色表示されます。

 

 

この青い表示が出ている間は、インターネット共有(テザリング)が常時使える状態となり、子機側で利用したデータ通信は、親機のiPhoneのデータ量としてカウントされることとなります。

 

iPhoneのインターネット共有(テザリング)はどれくらいの通信速度が出るのか実験

iPhoneでインターネット共有機能を利用してテザリング通信を行った場合、実際にどれくらいの通信速度でインターネットが利用できるのか非常に気になるところです。

私が利用しているiPhoneを接続元、パソコンを接続先としてテザリング接続し、実際の速度を検証してみました。

 

今回は、Googleのスピードテストを用いて、ダウンロードとアップロードの速度の値を計測します。

適正な効果が検証できるように、①通信エリアが安定した場所で実験する、②テザリング接続は無線(WiFi規格)で行う、③スピードテストの実施は同タイミングでクリックする事を条件として検証します。

 

 

早速、測定してみたところ、iPhoneの下り通信速度は45.1Mbpsに対して、テザリング接続したパソコンでは下り通信速度11.1Mbpsという結果でした。

およそ4倍の差で、テザリング接続先の通信速度は劣化することが分かりました。

 

ただ、わずか1回の計測では、正確性に欠けるため、同条件で2回目の診断を行います。

 

 

2回目の計測結果は、iPhoneの下り通信速度は41.3Mbpsに対して、テザリング接続したパソコンでは下り通信速度8.23Mbpsでした。

およそ5倍の差があり、テザリング接続先の通信速度がやはり劣化します。

 

以上の結果から、iPhoneをテザリングの接続元として、接続先に無線(WiFi規格)で接続すると、約4~5倍ほど接続先の通信速度が劣化するということがわかりました。

が、しかしです。

 

テザリング接続先のパソコンで劣化してしまった通信速度でも、YouTubeの動画を何ら不自由なくストリーミング再生できました

実際に、YouTubeに掲載されたソフトバンクのCMの動画をHD画質(1080p)でストリーミング再生しても、一度も読み込みが止まることなく、スムーズにまるまる一本の動画を見ることができました。

 

テザリングを利用する端末やエリアなどの環境により、多少通信速度が変わる可能性もあるかもしれませんが、エリアが安定している場所であれば、何ら不自由ない通信スピードでiPhoneのテザリング機能を活用できそうです。

 

iPhoneのテザリング接続は最大何台まで可能か

iPhoneのインターネット共有(テザリング)を接続できる方法として、WiFi接続、Bluetooth接続、USB接続の3タイプがあります。

iPhone1台を親機とした場合、果たして何台同時にテザリング接続できるか気になるところです。

 

結論をお伝えすると、iPhoneのテザリング接続可能台数は、最大5台までです。

例えばiPhone1台の親機に対して、iPad+パソコン+ゲーム機、これだけの子機を同時に繋いだとしても、残り2台も接続可能枠に空きがあります。

5台の端末を同時接続すると、電池の減りが異常に早くなりそうですが、一時的な利用であれば、モバイルWiFiルーターが無い時にでもiPhoneのテザリング機能で代用できそうです。

 

ウルトラギガモンスター+はテザリングと相性バッチリの料金プラン

ソフトバンクのウルトラギガモンスター+は、毎月50GBのデータ量を利用できる上、YouTubeなど指定サービスのデータ通信の利用がカウントされないプランです。

 

 

実は、ウルトラギガモンスター+契約回線を親機としてテザリングを利用する場合、テザリング接続先でYouTubeなどの指定14サービスを利用してもギガノーカウントなのです。

言い方を変えると、ウルトラギガモンスター+を親機として設定していれば、テザリング子機で指定サービスもデータ消費されず使い放題です。

 

ただし、ウルトラギガモンスター+でテザリングを利用する為には、テザリングオプション(月額500円)を契約しなければ利用できませんので、注意しましょう。

 

関連記事:「ウルトラギガモンスター+の詳細

 

テザリングとモバイルWi-Fiルーターは役割が同じ

iPhoneのインターネット共有(テザリング)と似たような機能を持つ機器として、モバイルWi-Fiルーターがあります

一般的に、よく「ポケットワイファイ」などと言われたりもしますが、「Pocket WiFi」はワイモバイルの登録商標なので、他社製品まで幅広く表現するなら「モバイルWi-Fiルーター」が正解です。

モバイルWi-Fiルーターの場合、スマホやiPhoneでテザリングをする場合と違って、端末そのものでは基本的にブラウジングなどの利用はしません。

あくまで端末を介して他のスマホやタブレット、パソコンなどの機器で通信をするのに利用します。

 

もし、インターネット共有(テザリング)をわざわざ使うのが面倒だったり、データ容量はまったく分けて使いたい、というような場合、モバイルWi-Fiルーターを別に契約して利用するのも一つの方法です。

事実、そうした使い方をされている方は、昨今相当数増えてきています。

 

その中でも最近人気が出てきているのが、ソフトバンク、au、ドコモという3キャリアの回線を網羅して利用することができる、トリプルネットワークを利用した「どんなときもWi-Fi」や「Mugen WiFi(ムゲンワイファイ)などです。→どんなときもwifi

月額料金も安く、なおかつ無制限で通信を利用することができるため、固定の光回線代わりに利用している人も増えています。

 

つまり、具体的な利用イメージとしては、ソフトバンクのメイン回線をミニモンスターで利用しつつ、インターネットの利用についてはすべて「どんなときもWi-Fi」または「Mugen WiFi」のようなモバイルWi-Fiルーターで利用します。

さらに固定回線も、ソフトバンク光ソフトバンクエアーをあえて利用せず、すべてモバイルWi-Fiルーターに統一してしまう、という使い方ができるわけです。

 

そうすれば、料金を一元化でき、非常に便利だったりするわけです。

実際に、「Mugen WiFi」については契約して利用してみましたので、そちらの記事も参考にされてみてください。→「Mugen WiFi(ムゲンワイファイ)を利用してみた! 詳細内容を徹底的に解説!!




-ソフトバンクのiPhone

Copyright© ソフトバンクマスター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.