ソフトバンクのサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ソフトバンクマスター

ソフトバンクのサービス情報

ソフトバンクの「おうちでんき」に切り替えたら本当におトクだった!

投稿日:

ソフトバンクは、ケータイ・スマホだけでなく、インターネットや家庭の電気に至るまで、あらゆるサービスを提供しています。

2016年4月以降、電力自由化に伴い、ソフトバンクでは「おうちでんき」という家庭向けの電力サービスを提供開始しました。

おうちでんきとソフトバンクケータイをまとめて契約すると、利用料金が大幅におトクになるが大きな特徴です。

 

でも、本当に「おうちでんき」はおトクになるのでしょうか?

本記事で、おうちでんきの料金や仕組みの内容について詳細を解説していきます。

おうちでんきの概要

 

2016年以降、電力自由化に伴い、ソフトバンクグループ会社が提供する家庭向け電力サービスの提供を開始しました。これが「おうちでんき」のはじまりです。

もともと法人向けに電気を提供していたソフトバンクの子会社SBパワー社がおうちでんきを提供しており、これまでの実績やノウハウを生かして安心して利用できるのが特徴です。

現在の電力会社からおうちでんきに切り替えても、品質が落ちることはありません。明るさもそのまま、ブレーカーが落ちやすくなることもありません。

 

おうちでんきのポイント

 

ここからは、おうちでんきの特徴について確認していきます。

 

ソフトバンクのスマホやインターネットをまとめると大幅割引

おうちでんきとソフトバンクのスマホやインターネットをまとめると、最大10契約まで1契約あたり100円(3年目以降50円)割引されます。

例えば、家族3人でソフトバンクのケータイを利用し、自宅にソフトバンク光を契約しているとすれば、毎月400円割引され、2年間で9,600円も割引されるイメージです。

塵も積もれば山となるわけで、少額の割引といえど、あとあと大きな金額差が生まれるのです。

 

電力会社よりも従量料金部分が1%安い

電気料金の仕組みは、利用してもしなくても発生する基本料金に加え、電気利用量に応じて変動する従量料金で加算されていくしくみです。

この料金の仕組みのうち、従量課金される料金がこれまでの電力会社の規制料金と比べて1%ほど安く利用できます。

ソフトバンクのスマホ・ネットの割引に加えて、でんき利用料金そのものが1%ほど安く利用できるからこそ、まとめるとおトクになるわけです。

 

契約は1年更新契約

おうちでんきの契約は1年契約で自動更新されます。また、電気プランを解約する場合でも解約事務手数料500円しか発生しません。

まぁ、ソフトバンク1回線につき100円割引されるわけですから、最低でも半年以上利用しつづければ十分に元は取れてしまい、その後はおトクになる割合がどんどん増えていきます。

なので、解約時のネガティブな部分は意識する必要はないでしょう。

 

支払いや管理をひとまとめにできる

おうちでんきに切り替えると、現在利用しているソフトバンクのケータイやインターネットの請求と一緒にまとめることが出来ます。

まとめておくと便利な点が引っ越しの時。引っ越すときにあらゆるインフラの住所変更、移転手続きは本当に面倒で手間や時間がかかる作業です。

おうちでんきやソフトバンク光など、自宅のインフラをソフトバンクにまとめていれば、引っ越しの際にも全てソフトバンクに問い合わせれば、スムーズに連携して取り次いでもらえます。慌ただしい引っ越し手続きの最中こそ、ひとまとめにしている利便性を実感できるわけです。

また、請求もまとめて管理できるので、クレジットカードや金融機関の引き落とし口座変更したい場合でも、ソフトバンクでまるごと切り替えも手間が少なく済みます。

 

ネットで30分単位の電気使用量がチェックできる

おうちでんきでは、電気を利用した月の翌月10日ごろに、前月の電気利用量がネットで簡単に確認できるようになります。ネットでは30分単位の電気利用量を数値で確認することができますので、実際に電気を利用した実績が確認しやすく、節電の意識が強く働きます。

普段の電気使用量について、毎月電力会社から送られてくる電気使用量の検針結果しかチェックしていなかったユーザーも、おうちでんきならこまめに確認を取ることができ、節電を意識することで家計の節約やコストダウンにつなげることができます。

 

おうちレスキューで万が一のトラブルも安心

 

万が一、自宅が水漏れ/配管のつまり、鍵の紛失、ガラスのひび割れ/破損などのトラブルが発生した場合、おうちでんきの付加サービス「おうちレスキュー」でこれらのトラブル解消を出張料・作業料を2年間無料で対処してもらえます。

ただし、30分以内の作業料が無料の対象なり、部品代・特殊作業代などが別途請求される場合もあります。また、地域によっては利用できない場合や提供内容があるようなので、その点は注意しておきましょう。

まぁ、賃貸物件に住んでいる場合は、オーナーや管理会社が面倒を見てくれる場合もあるかもしれませんが、自己所有物件に住んでいるユーザーにとっては金額負担が少なく済むありがたいサービスです。

おうちでんきに加入するだけで「おうちレスキュー」の加入特典を受けることができます。自宅の「安心」もおまけで追加できるわけです。

 

きりかえる時の料金シミュレーション

ここまではおうちでんきの特徴について確認してきましたが、気になるのは果たして本当におトクになるのか?という点です。

おうちでんきが本当におトクになるかどうかは、ユーザーが現在利用している電力会社の利用状況のまま、おうちでんきで利用した場合の料金をシミュレーションして検証する事が一番の近道です。

利用状況によっては、現在の電力事業者のまま継続して利用したほうがおトクになる可能性もあります。正確にシミュレーションして、確実におトクになるか試算しましょう。

一番有効なシミュレーション方法は、直近数か月の電気の検針票 または 電気ご使用量のお知らせ を手元に準備します。(1か月だけの比較だと正しい比較ができない場合がありますからね。出来る限り直近の利用状況でたくさんのデータで平均して比較すると良いです。)

手元に検針票が集まったら、おうちでんきのシミュレーションサイトで必要な情報を入力して利用料金の比較を試算します。シミュレーションサイトへ

情報入力時に忘れてはいけないのは、ソフトバンクのケータイ回線数だけでなく、ソフトバンク光やソフトバンクAirなど、インターネット回線も割引対象となりますので、それも含めた回線数を入力しましょう。

 

私の場合ですが、ソフトバンク回線2回線+インターネット1回線利用で、とある電力会社の現在の電気料金プラン、実際の利用料金で比較したところ2年間で10,367円おトクになる試算となりました。

 

 

電気料金は基本料金に加え、従量制で加算される料金体系なので、わかりづらいのが本音です。しかし、シミュレーションサイトを活用すれば、総額いくらおトクになるのかはわずか3分程度で試算できてしまいます。

実際、でんき利用量は月によって変動しますし、使用量に応じて上がり幅はあるかもしれませんが、少なからずソフトバンクを複数回線利用している私のケースだと、過去3か月間の利用実績では全ておトクになる試算でした。

このシミュレーション実績を参考にしつつ、申し込むか否か判断すべきでしょう。

 

おうちでんきの提供エリアについて

ソフトバンク(SBパワー社)が提供しているおうちでんきは、住んでいるエリアによって加入できる場所とそうでない場所が存在します。

おうちでんきが提供されているエリアは北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、沖縄電力エリアの8エリアのみが対象です。

北陸電力エリア、九州電力エリアはおうちでんきの提供エリア外です。

 

でも、安心してください。

北陸電力エリア、九州電力エリアのユーザーでも、割引恩恵を受けられるサービスが提供されています。2つの対象外エリアであっても、北陸電力・九州電力が提供する電気をそのまま利用しつつ、スマホ・ネット代が毎月100円(3年目以降50円)割引されるサービスが提供されています。

おうちでんきが提供しているサービスとは一部異なる点もありますが、北陸電力・九州電力エリアのユーザーでもきちんと手続きを踏めば毎月の利用料金をおトクに変えることができます。

詳細は関連サイトからご確認ください。

関連サイト:「おうち割 北陸電力 でんきセット」「おうち割 九州電力 でんきセット

 

ソフトバンク光・ソフトバンクAirとの相性は抜群

おうちでんきはソフトバンク光・ソフトバンクAirも割引対象回線としてカウントされ、1回線当たり100円割引されます。

さらに、ソフトバンクのインターネットであれば、おうち割 光セットでソフトバンクのケータイ回線が1回線あたり最大1,000円安くなります。

つまり、ソフトバンク1回線+ソフトバンク系のネット1回線を契約している場合、おうちでんき割への切り替えで合計で最大1,200円割引恩恵を受けられるわけです。

現在、ソフトバンクのケータイを利用しているユーザーがソフトバンク光などのネット回線も申し込むとなれば、それだけでおうちでんきの割引回線は2回線以上所有することになりますよね。

ということは、ソフトバンク光/ソフトバンクAirを申し込みたい場合・すでに申し込んでいる場合は、あわせておうちでんきもついでに切り替えを検討した方がもっとおトクに利用できるわけです。

 

おうちでんきのまとめ

それでは最後に、おうちでんきの特徴、メリット、ポイントについてまとめます。

 

  1. おうちでんきに切り替えるとソフトバンクのケータイ/ネットが最大10回線まで1契約につき100円(3年目以降50円)割引される
  2. おうちでんきの利用料金のうち従量料金部分が一般電力会社より1%ほど安い
  3. 契約は1年単位の自動更新、でも解約時の解除料はたった500円
  4. 支払いや管理をソフトバンクでひとまとめに出来るから各種変更手続きの手間が省ける
  5. おうちレスキューで万が一の家のトラブルも負担金が軽減できる
  6. 料金シミュレーションは、直近の検針票をもとに数か月分試算すること
  7. 北陸電力エリア・九州電力エリアはおうちでんきの提供エリア対象外(しかし、同等の割引を受ける手続きが可能)
  8. ソフトバンク光/Airとの相性は抜群

 

これらのポイントをまとめると、おうちでんきのメリットが改めて大きいことがわかります。まずはシミュレーションサイトで現在の利用状況と比較したうえで、確実におトクになりそうなら迷わず申し込んでいきましょう。

 

申し込みや問い合わせはソフトバンクでんきサポートセンターへ

 

おうちでんきを申し込み検討・問い合せたい場合は、ソフトバンクでんきサポートセンターへ電話で問合せましょう。

番号は 0800-170-3710 、受付時間は9:00~20:00(年中無休)です。

ただし、引っ越しシーズンは需要過多のため、なかなかつながりづらい場合がありますし、海外からは電話はつながらないので注意です。




-ソフトバンクのサービス情報

Copyright© ソフトバンクマスター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.