ソフトバンク/ワイモバイルのサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ソフトバンク/ワイモバイルマスター

ソフトバンク 2018年夏モデル

ソフトバンクのAQUOS R2は2018年夏モデル注目機種

投稿日:

ソフトバンクから2018年夏モデルとして発売されたAQUOS R2は、2017年最もよく売れたSHARP製スマートフォンの新型フラッグシップモデルです。

SONYのXperia同様、ソフトバンク、ドコモ、auの3キャリアより発売されています。

ソフトバンク製のAQUOS R2では、共通カラーのプレミアムブラック・プラチナホワイトのほかに、ローズレッドというソフトバンク独自カラーが展開されています。

鮮やかな赤は、女性でも男性でも使いやすい魅力あるカラーとなっています。

2018年もSONY・Xperiaよりも売れるかもしれないAQUOSに、要注目です。

 

2018年夏モデル ソフトバンク新機種お勧め機種はどれか

ソフトバンクのAQUOS R2は最高のスマートフォンか

ソフトバンク2018年夏モデルのAQUOS R2は、それまで各キャリアで分裂していたAQUOSブランドを統一した「R」シリーズの第二弾スマートフォンです。

鴻海(ホンハイ)傘下に入るなど決して順風満帆ではないSHARPではありますが、その日本における高い知名度は健在で、Androidスマートフォンの中でも売れ筋のブランドとなっています。

 

今回のAQUOS R2は、安定的に高いスペックに加え、初のデュアルカメラを搭載しました。標準カメラに加えてドラマティックワイドカメラという動画専用カメラを備えることで、動画撮影と写真撮影をなんと同時に実施することができるという機種となっています。

もちろん最近は、他の機種でも動画撮影中の写真撮影は可能な機種が多いのですが、そういう機種は動画の1シーンを切り取る形での写真撮影だったりするので、動画撮影と別のカメラで全く独立して写真を撮影するというAQUOS R2のアプローチは、今までにないものと言ってよさそうです。

 

ただ、カメラ機能について言えば、他の機種と比較した場合どうしても単独での写真の画質についてはやや弱い部分もあるため、最高の機種と言えるかと言われれば判断に悩むところかもしれません。

 

最高の機種が売れる機種ではない

とはいえ、最高の機種が最も売れる機種とは限りません。

AQUOS R2に明らかな弱点があったとしても、多くの人がそれを気にしていなかったり認識していなかったりすることもあるでしょうし、弱点を上回るメリットがあれば、十分高い人気を博して売れることはあります。

また、Androidスマートフォンの売れ行きに少なからず影響する要素として、実店舗で実際に販売を行っている店員の営業力も関係してきます。

ある特定の機種を売りたいと思ったら、販売要員に徹底してその機種のメリットを伝え、ユーザーに勧めたくなるように誘導するのが最も効果的であると考えられます。

そういう意味でAQUOS R2は、比較的全体的なバランスがよく、SHARPという印象の良さ、デュアルカメラなどカメラ機能の充実、デザイン性などお勧めしやすい要素が多いこともあり、また、ライバルであるXperia XZ2がパッとしない印象であることからも、一層の人気を集める可能性はありそうです。

 

AQUOS R2のお勧めポイント

ソフトバンクのAQUOS R2を実際に利用してみて、お勧めできると感じたポイントをお伝えしていきます。

 

動画と静止画のデュアルカメラ

AQUOS R2の大きなウリの一つであるデュアルカメラは、動画も写真も同じシーンで両方撮影したい、というニーズに応えてくれる非常に便利な機能です。

今、この瞬間、一度しかないシャッターチャンス、という場合、どうしても写真にするか動画にするか、究極の選択に迫られることも少なくないと思います。

大切な人の結婚式や、子供の入学式、運動会、学校や会社での送別会、旅行などなど、対象となるシーンは意外に多いと思います。

そんなときにAQUOS R2を所有していれば、まずは動画撮影を開始し、ここぞという場面でカメラのシャッターボタンを押すことで、動画撮影を維持したまま写真を撮影することもできてしまうというわけです。

これにより、大切な一度限りのシーンでも、動画と写真、両方の撮影を一人で実施することが可能になります。

 

AQUOS R2のすごいところは、動画撮影中の写真撮影が、別々のカメラで同時に行われる点にあります。

他のスマートフォンで同じように動画撮影中に写真を撮影しようと思っても、あくまで動画の一部分を切り取って写真にするだけなので、どうしても画質的に落ちてしまうという問題点があります。しかしAQUOS R2ではそのような心配をする必要が皆無です。

 

ディスプレイ下部の指紋センサー

指紋認証はすっかり主要な生体認証システムとして定着してきましたが、その指紋認証のために利用する指紋センサーの位置は、機種によって様々です。

最近のトレンドとしては、背面中央よりやや上に配置されている機種が非常に多いですが、AQUOS R2の指紋センサーはディスプレイ下部に設置されているのが大きな特徴です。

スマートフォンの初期の頃は、ホームキーが設置されていた場所なので、ついついホームキーのように触ってしまったりすることもありますが、設定によってそのまま指紋センサー兼ホームキーとしても利用することができます。その点、iPhone 8などにも似ています。

背面に指紋センサーがある場合には、少し工夫して指紋センサーを触らないと認証できませんが、ディスプレイ下部の指紋センサーは自然に親指で触れることができるため、非常に使いやすいです。

AQUOS R2の指紋センサーは、全体の使い勝手をかなり向上させてくれているポイントの一つとも言えそうです。

 

エモパー

忘れた頃に話かけてくれるエモパーは、特に一人暮らしの場合など、楽しく利用できるのではないかと思われます。

検索急上昇中のキーワードを教えてくれたり、気になったニュースや天気などを会話の中で聞くこともできますし、自分の生活習慣に合わせながら、情報を提供してくれる点などもありがたいです。

エモパーの特徴の一つとしては、こちらから話しかけなくても、エモパーの方から話しかけてくれる点なども注目のポイントです。

とはいえ、エモパーに関しては、実際に利用してみないとどういうものなのかは体感しにくいと思いますので、AQUOS R2購入後に是非一度試してみていただきたい機能の一つです。

 

安定した使い勝手

ソフトバンクのAQUOS R2は、さすがにハイスペックスマートフォンなだけあり、実際使ってみた感想としてもほとんど指摘するべき点もなく、違和感なく快適に利用することができます。

日常利用として考えても、これ以上何を求めるのか、と感じるくらいにレベルは高いです。

あえて注文をつけるとしたら、カメラ単独での撮影画質の部分かなと思いますが、その点についても他機種と比較した場合に初めて気づくような程度のもので、実際に利用してみてもう少し綺麗なら、と感じることはまずないと思います。十分すぎるくらいに美しい写真が撮影できます。

 

AQUOS R2の価格帯と半額サポート for Android

ソフトバンクのAQUOS R2は、Xperiaよりは安く設定されており、9万円台の価格に抑えられています。

とはいえ、非常に高い部類であるのは間違いないため、購入時には「半額サポート for Android」を利用して48回払いにすると、月額支払額を劇的に安くすることができますし、二年後に再度機種変更すれば、それ以降の支払いは免除されるという特典付きなので、定期的にソフトバンクで機種変更を実施するという人にとっては利用しない手はないサービスとなっています。

ソフトバンクオンラインショップでの購入時にも詳しく解説が出てきますので、しっかり内容を理解して申し込みをしましょう。

別の記事で「半額サポート」については詳しく解説もしています。

 

ソフトバンクの半額サポートは最強に安い!

ソフトバンクの半額サポートは最強に安い!

 

AQUOS R2はXperiaよりも売れるのか

皆様ご存知の通り、ソフトバンクは基本的にAndroidスマートフォンよりも圧倒的にiPhone押しですし、ユーザーの利用比率を見ても、完全にiPhone優位です。この点、iPhone後発のドコモとは大きく異なる部分と言えます。

そのため、「Androidスマホの新機種なんて興味ないよ」というユーザーも多い中で、あえてAndroidのスマートフォンを選択するとしたら、やはり人気のXperia、というのが今までの流れでした。

しかし昨年あたりからこの大きな流れに変化が起こりつつあり、SONYよりもSHARPの方が売れる、という傾向が出始めています。

実際に今回のXperia XZ2も思いのほか出足は良くないようですし、特徴も弱く、見た目もAQUOS R2の方が受け入れられやすいデザインと言え、もしかするとこのまま、売れ筋Androidスマホの座は徐々にSHARPに移っていくのではないか、というくらいの勢いです。ちなみに個人的にも、今回はAQUOSの方がお勧めです。

そしてその期待を裏切らないだけの、AQUOS R2の出来栄えだと思いますので、もしこれから検討するのであれば、XperiaかAQUOSか、よくよく考えて選びましょう。







-ソフトバンク 2018年夏モデル

Copyright© ソフトバンク/ワイモバイルマスター , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.