ソフトバンク/ワイモバイルのサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ソフトバンク/ワイモバイルマスター

ソフトバンク 2018年夏モデル

ソフトバンクのDIGNO Jは「買い」なのか

投稿日:

ソフトバンクより発売予定の2018年夏モデル・DIGNO Jは、人気のXperia、AQUOS、Mate 10 Proなどとは異なり、その約3分の1程度の料金で購入することができる、非常にコストパフォーマンスの高い機種です。

ドコモと比べてソフトバンクは、低価格帯のスマホがやはり弱いです。何故なら、ソフトバンクは自社で低価格のスマホを展開せずとも、そうした格安スマホを望むユーザーに対しては「ワイモバイル」という一つの回答を持っているためです。

最新iPhoneを望むユーザーはソフトバンクで、格安機種にしたいユーザーはワイモバイルへ。

そんな中で、あえてソフトバンクでコスト重視の機種を選択しようと考えたユーザーがたどり着くのが、DIGNO Jです。

主に、家族がソフトバンクのiPhoneを利用しており、自身は機種にそれほどのこだわりを持たないけれどもワイモバイルにするのは抵抗がある、というユーザーが多いと考えられます。

そうした、DIGNO Jの機種詳細と主なターゲット層についてまとめていきます。

 

2018年夏モデル ソフトバンク新機種お勧め機種はどれか

DIGNO Jは簡単・安心の国内生産スマートフォン

 

ソフトバンクのDIGNO Jの大きな特徴として、スマートフォン初心者にもやさしい、すぐに使える機能が多数用意されています。

例えば、「かんたんビギナーホーム」です。

はじめてスマホを利用しようと考えた場合、どうしても使い慣れていないためにどこに何があるかわからない、ということにもなりやすいと思います。

そんな時にかんたんビギナーホームでは、すぐに使いこなすことができるように、必要な情報やよく使う機能を、大きなショートカットアイコンとして見やすく配置することができるようになっています。

 

また、最近のスマホとしては非常に珍しく、なんと赤外線通信にも対応しています。

そのため、ガラケーからの機種変更でも、連絡先や画像などを比較的簡単に移行することも可能です。

 

また、昨今スマホ市場では日本メーカーではない海外メーカー、特に中国や韓国、台湾などのアジア系のスマホメーカーが圧倒的な勢いでシェアを拡大しています。事実ソフトバンクでもHUAWEI製スマホが発売されていますし、SHARPも現在では親会社は台湾の鴻海(ホンハイ)になっています。

 

しかしDIGNO Jの場合、発売メーカーは京セラで、しかも企画から設計・開発・試験・製造までが国内で実施されている、純粋な国内生産スマートフォンです。

もちろん国内で生産されている国内メーカーだからいい、海外メーカーだから悪い、ということは一切ないのですが、それでも気分的な問題でやはり国内製品が好ましいと感じている人もいるでしょうから、そうしたユーザーには国内スマホというブランドは大きな魅力になるのではないでしょうか。

 

DIGNO Jの長く使い続けられる耐久性能と電池持ち

DIGNO J最大のお勧めポイントと言えるのが、耐画面割れおよび耐衝撃性能です。

京セラの特許技術を含む機能として、強化ガラスの下にアクリルスクリーンを貼り付けることで、強化ガラスのみの構造よりも画面が割れにくくなっています。

 

 

たとえばディスプレイ画面上に鉄球を落としても、アクリルスクリーンが衝撃を吸収するため、液晶ディスプレイは割れにくくなっていますし、うっかり落としてしまったりしても安心できます。耐衝撃についてはMIL規格にも準拠しています。

また、防水防塵にも対応しているため、水にもホコリにも強く、おおよそ外的な故障要因全般に対しての強みを発揮しています。耐画面割れ・耐衝撃・防水・防塵に対応できるのはDIGNO Jだけです。

 

加えて電池容量は2600mAhで、圧倒的な大容量というわけではないですが、電池持ちの時間としてはかなり長く利用できますので安心です。充電端子は最新のUSB Type-Cとなっています。

 

より快適に・一歩進んだDIGNO Jの使い道

グローブタッチ/ウェットタッチ

普通のスマホだと、スマホ操作対応ではない普通の手袋などをつけたままの操作は、基本的にはできません。

しかしDIGNO Jでは、手袋やバイクのグローブを付けたままでも、ストレスフリーで画面操作をすることが可能です。

バイクに乗ったままスマホ利用はないにしても、止まった状態でグローブを外さなくてもいいのは非常に便利です。また、冬場であれば手袋を利用することも多いと思いますので、そういう時にも非常に使えます。

ただし、反応しにくい手袋やグローブもあるということなので、「絶対に使える」というわけではなく、とりあえずおまけ的に考えておくといいかもしれません。

 

同じように、DIGNO Jにはウェットタッチという機能があり、手やディスプレイが濡れていても操作ができる機能も搭載していますが、これもどんな濡れ方をしていても必ず対応するというものではないので、「ある程度」と考えておきましょう。

 

ステップアップ着信/スヌーズ通知

DIGNO Jには、着信をしっかり教えてくれる機能として、ステップアップ着信とスヌーズ通知という機能を搭載しています。

ステップアップ着信は、10分以内に同じ番号から電話がかかってきたら、着信音を徐々に大きくすることで、着信のお知らせをしてくれる機能です。大事な電話を逃しにくくしてくれます。

 

スヌーズ通知については、未確認の不在着信がある場合に、ホーム画面の通知パネルで繰り返しお知らせをしてくれる機能です。

 

この二つの機能で、うっかり大事な電話に気づかなかった、というケースを極力減らしてくれると思われます。

 

歩数計機能のデイリーステップ

健康習慣作りに最適な機能として、「デイリーステップ」機能があります。

DIGNO Jは歩数計の機能も有しており、歩数や消費カロリーを一目で確認することができるようになっています。目標設定もできますし、履歴表示を確認しながら、自身の健康管理をしていくことができます。

 

DIGNO Jのスペック

ここでDIGNO Jのスペックを確認しておきます。

 

サイズ 約72×145×8.4mm
重量 約130g
バッテリー容量 2600mAh
CPU MSM8937(オクタコア)1.4GHz+1.1GHz
RAM/ROM 3GB/32GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約5.0インチ TFT
フルHD(1920×1080ドット)
カメラ 約1300万画素
対応 防水・防塵・耐衝撃・耐画面割れ・赤外線・VoLTE(HD+)
非対応 ワンセグ/フルセグ/おサイフケータイ/生体認証/ハイレゾ

 

先に述べた通り、防水・防塵・耐衝撃・耐画面割れに対応しているという意味で安心ができ、なおかつ今となっては珍しい赤外線にも対応しています。また、最新の対応機種同士であれば最高の通話品質で通話ができるVoLTE(HD+)にも対応です。

ただし、テレビ機能やおサイフケータイ機能、指紋認証はじめ生体認証には対応していませんので、その辺りを必要としている場合には注意が必要です。

細かいスペック的には必ずしも突出しているわけではありません。それは価格帯を見ても明らかですが、最低限の性能は抑えてある印象なので、利用していて不便に感じることはそれほど多くないと考えられます。

もちろん、どれくらいの機能を望んでいるかにもよりますが。

 

DIGNO Jの価格帯

そのソフトバンクのDIGNO Jの価格帯です。総額は、なんと30,720円という格安価格です。10万円を越えるXperiaや一部iPhoneなどと比べると、3分の1以下の価格です。

しかも、月月割適用で半額サポートを利用すると、月あたりの実質負担金はなんと340円、しかも二年後に別の機種に買い替えれば、それ以降の本体代金負担はゼロなので、実質340円×24回、つまり8160円となります。そこらの格安スマホ以下の価格になります。

非常にお得ですね。コストを重視するのであれば、DIGNO Jは一番手になるかもしれません。

そして、それだけにとどまりません。というのは、DIGNO Jは先日開始されたばかりの「おてがるプラン」の対象機種なのです。

 

DIGNO Jはおてがるプラン対象機種

おてがるプランの詳細はここでは述べませんが、格安の料金で利用することができる注目のプランです。詳細は→「ソフトバンクのおてがるプランは非常にお得!

お得ではあるものの、対象機種が限られているのがおてがるプランの弱点でもあるのですが、DIGNO Jはしっかりその対象機種として選ばれているため、もしDIGNO Jの購入を検討するのであれば、必ずおてがるプランは利用したいところです。

逆に言えば、購入価値が当初あまり感じられなかったDIGNO Jにも、「おてがるプランを選択できる」という価値があることに気づきます。

格安で毎月利用したいと考えており、かつおてがるプランに変更したいのであれば、DIGNO Jは有力な選択候補となります。

つまりはDIGNO Jは、条件がある程度限定されるとはいえ、コスト重視ユーザーにとっては、十分に「買い」と言える機種と考えてよさそうです。

ソフトバンクショップをうまく活用して、頭金なしで賢く購入しましょう。







-ソフトバンク 2018年夏モデル

Copyright© ソフトバンク/ワイモバイルマスター , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.