ソフトバンク光

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE + IPv4接続方式)の仕組み・接続確認・利用できない場合の対処法まとめ

 

普段、私はソフトバンク光を利用してスマホやパソコンでインターネットを楽しんでいます。

ソフトバンク光は、光BBユニットという白い箱型の機器をレンタル利用することで、IPv6高速ハイブリッドという安定した高速通信が利用できます。

 

もちろん、私も光BBユニットを経由して当たり前のようにIPv6高速ハイブリッドを利用していますが、実は以前、とあるIPv6高速ハイブリッド非対応の環境でインターネットを利用した際に、わずかながら繋がり始めの反応の遅さを感じてしまい、普段使っているIPv6高速ハイブリッドの良さを再認識したことがありました。

 

IPv6高速ハイブリッド非対応の環境では、時間に余裕があるときの使い方だと不便はないものの、例えば、急いで調べ物をしている時やブラウザのタブを同時多発的に利用している時に反応の悪さを感じてしまいます。

それと比べると、やはり、IPv6高速ハイブリッドは快適です。

 

とは言っても、IPv6」という言葉自体、あまり使うことがなく聞きなれないワードですよね。

 

そこで、今回はソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE + IPv4接続方式)の仕組み・接続確認・利用できない場合の対処法をご紹介します。

IPv6 IPoE + IPv4接続方式=高速ハイブリッド方式

インターネットに接続しているパソコンやスマホには、「IPアドレス」という識別番号がつきます。

情報を表示させるために必要な、いわゆるネット上の住所みたいなものです。

 

これまでのIPアドレスは「IPv4」と呼ばれる方式を用いて、2の32乗通り、つまり約43億個の固有アドレスが使われていました。

しかし、今や世界中でスマホやパソコンが爆発的に普及し、IPアドレスが「IPv4」の43億個では足りなくなっています。

 

そこで、新たに登場したのが「IPv6」と呼ばれる通信方式です。

「IPv6」のIPアドレスの固有数は、なんと2の128乗通り、つまり約340澗(かん)個を有しています。

 

大きな数の数え方を一から並べると、一、十、百、千、万、億、兆、京(けい)、垓(がい)、じょ、穣(じょう)、溝(こう)、(かん)の順となります。

想像できないほど大量のIPアドレスが存在するため、これだけあれば事実上枯渇することは無いと考えられています。

 

 

この新しい「IPv6」では、IPv4と比べてインターネットの混雑が発生しにくいため、通信速度の改善が期待できるといわれています。

 

ソフトバンク光のIPv6 IPoE + IPv4接続方式は、ここまでご紹介した「IPv4」と「IPv6」両方の仕組みを掛け合わせた高速ハイブリッド接続方式です。

 

IPv6高速ハイブリッドとv6プラスの違いとは

IPv6についていろいろ調べてみると、「IPv6高速ハイブリッド」「V6プラス」などのワードを目にする機会が多いと思います。

はじめは、それぞれ別のサービスのように感じてしまい、一見何がどのように違うのかわかりづらいところでもあります。

 

が、実はどちらも高速光通信の接続技術のことで、結局、大きな違いはありません。

 

唯一、違いがあるとすれば光回線事業者、プロバイダーが異なる程度で、例えばソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE + IPv4接続方式)では、光回線事業をソフトバンク光、プロバイダーはYahooBB!で提供しています。

一方、「V6プラス」は、光回線事業をドコモ光、プロバイダーはとくとくBB byGMOで提供しています。

 

結局、「IPv6高速ハイブリッド」と「V6プラス」の違いは、いずれもNTT東西が提供する光回線を、従来のIPv4だけでなく、IPv6とIPv4をどちらも使える「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」のインターネット接続機能のブランド名が異なるだけと考えるとイメージしやすいかもしれません。

 

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドを利用する為には

ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE + IPv4接続方式)を利用するためには、ソフトバンクが提供する「光BBユニット」を用いて接続するだけでサービスを受けることが出来ます。

コラボ光のソフトバンク光ではプロバイダーにYahoo!BBが提供されていますが、別途IPv6利用オプションなどを申し込む必要はなく、あくまで「光BBユニット」を接続してさえいれば誰でもIPv6高速ハイブリッドの安定した高速通信が利用できます。

 

光BBユニット

 

「光BBユニット」そのものは、白い縦長の機器で、BBフォン・Wi-Fiマルチパック・ひかり電話機能を利用する際に必要となるブロードバンドルータで、月額467円でレンタル利用することが出来ます。

 

ちなみに、「光BBユニット」を経由して市販のルーターに接続してもIPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE + IPv4接続方式)を利用することが出来ますが、一方、「光BBユニット」を介さずに直接、市販ルーターを利用する場合はIPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE + IPv4接続方式)は利用できません。

つまり、ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE + IPv4接続方式)を利用するには、光BBユニットが必要不可欠なのです。

関連記事:「ソフトバンク光の「光BBユニットレンタル」について解説!

 

現在の利用環境がIPv6に対応しているか確認する方法

現在のインターネット接続方式がIpv6に対応しているか否かについては、専用サイトにアクセスすることで簡単に確認することが出来ます。

接続確認はソフトバンクが提供している専用の確認サイトでチェックすることをオススメします。

こちらをクリックしてソフトバンク専用サイトで接続確認

 

 

確認結果において「お客様はIPv4インターネットで接続しています。」と表示される場合、現在IPv6の通信が利用できていない状態です。

IPv4のままでも、そのままインターネットを利用することはできますが、今よりも速度を改善したいという方は、設定の確認や契約の確認を行ってIPv6 IPoE + IPv4へ変更をおすすめします。

 

 

 

確認した結果「お客様はIPv6インターネットで接続しています。」と表示された場合は、正常にIPv6 IPoE + IPv4接続方式が利用できています。

 

 

もし、専用サイトでの確認結果がうまく表示されない・わかりづらいという場合は、別途、シンプルでわかりやすいチェックサイトもありますのでそちらもあわせて確認してみてください。

こちらをクリックしてシンプルにIPv6をチェック

 

光BBユニットを使っているのにIPv6接続できない場合の対処法

さて、問題は現在ソフトバンク光で光BBユニットを利用していながらも、IPv6に接続できていない場合です。

この場合は、まずNTTのロゴが入った箱型の機器や白い箱型の光BBユニットの設定を確認しましょう。

 

ちなみに、確認や設定を行うにはパソコンが必要となります。

なお、これからご紹介する対処法はSoftBank 光 ファミリー・10ギガ以外のユーザーを対象としています。

現在、SoftBank 光 ファミリー・10ギガを利用中のユーザーはNTT東日本/NTT西日本が提供するホームゲートウェイの電源を入れ直し、接続できるかご確認ください。解消しない場合はソフトバンク光の電話・チャットサポートへご相談ください。

 

 

それでは、IPv6に接続できない場合の対処法について確認します。

まず、NTT東西が提供するホームゲートウェイ(N)を利用中でIPv6の通信の確認ができない場合、NTT機器の「パケットフィルタ設定」の変更が必要な場合があります。
設定変更手順は非常に細かい確認項目がありますので、詳細はこちら(別ウィンドウで開きます)をご参照ください。

 

 

NTT機器の設定に問題がなければ、次は光BBユニットのIPv6設定が有効になっているか確認します。

 

まずは、セットアップページ(別ウィンドウで開きます)へアクセスし、ユーザー名:user パスワード:user と入力し、OKをクリックして管理ページへアクセスします。

 

管理ページの確認・設定手順は、現在利用中の光BBユニットのバージョン(光BBユニット側面のラベルに2.2または2.3などの記載があります)によって異なりますので、ここから分けて解説します。

 

光BBユニット2.3を利用している場合

現在、光BBユニット2.3をお使いの場合は、セットアップページにある「IPv6の設定」をクリックします。

 

 

次のページでIPv6設定が有効になっているかを確認し、もし無効になっているのであれば、有効にして「設定を保存する」をクリックします。

ちなみに、ソフトバンク光ユーザーであればLANポート別IPv6設定はIPv6インターネットのままで構いません。

 

設定内容の保存が完了したら、有効にするために光BBユニットの再起動を行います。

画面に従って再起動ボタンをクリックして、設定の確認・変更は終了となります。

 

光BBユニット2.2を利用している場合

現在、光BBユニット2.2をお使いの場合は、セットアップメニュー画面の上から3番目にある「詳細設定モード」をクリックします。

 

 

次のページで画面左バー中段にある「IPv6設定」をクリックします。

 

次のページでIPv6設定が有効になっているかを確認し、もし無効になっているのであれば、有効にして設定保存の「OK」をクリックします。

ちなみに、ソフトバンク光ユーザーであればLANポート別IPv6設定はIPv6インターネットのままで構いません。

 

設定内容の保存が完了したら、有効にするために光BBユニットの再起動を行います。

再起動は画面左バーの最下部にある「再起動」をクリックします。

 

これで光BBユニットIPv6設定の確認・変更は終了となります。

 

上記の設定確認・変更・有効化の再起動まで完了したら、再度上記で解説したIPv6接続確認専用サイトへアクセスし、きちんと接続されているか確認してみてください。

 

大半の場合は、この流れで設定の確認・変更でソフトバンク光でIPv6を利用することができますが、もしそれでもIPv6が有効化されていない場合は、他の原因が考えられます。

上記の設定確認や変更手順でうまくいかない場合は、ソフトバンクのチャットサポートへ問い合わせてみることをおすすめします。

 

チャットで問い合わせる(別ウィンドウで開きます)

受付時間
オペレーター対応:10:00 ~ 19:00(年中無休)

 

ソフトバンク光の申し込みはWeb代理店を活用したい

本来、ソフトバンク光を申し込む時はソフトバンクの公式サイト・電話窓口などの受付チャネルがありますが、やはり「Web代理店」での申し込みが有利です。

 

代理店でソフトバンク光を申し込む場合のメリットとしては、ソフトバンク公式が提供しているキャンペーンや施策に加えて、代理店独自施策の恩恵を受けられる点にあります。

中でもWeb代理店は家賃や人件費を削減し、浮いた費用でユーザー還元を手厚くしているため、店頭の代理店や量販店よりも手厚い施策を提供している傾向が強いです。

少しでもお得にソフトバンク光を申し込みたいと考えるなら、やはり私はWeb代理店で契約申し込みすることをおすすめします。

 

ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE + IPv4接続方式)を利用する為には、申し込み時に光BBユニットをレンタルすることを忘れないようにしましょう。

関連記事:「ソフトバンク光の契約申し込みから開通するまでの流れについて




-ソフトバンク光

Copyright© ソフトバンクマスター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.