ソフトバンク/ワイモバイルのサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ソフトバンク/ワイモバイルマスター

ソフトバンクのサービス情報

ソフトバンクのミニモンスターは安い!? 徹底分析!

更新日:

ソフトバンクより同時に発表された、ウルトラギガモンスター+とミニモンスター。

今回気になるのは、高価格帯のウルトラギガモンスター+ではなく、安い価格帯のミニモンスターの方!という人もすくなくないのではないでしょうか。

実際にミニモンスターについて、本当に安いのか、利用すべきなのか、そして終了してしまうおてがるプランとどちらがいいのかなど、徹底分析してみました。

関連記事:「ソフトバンクのウルトラギガモンスター+(プラス)! 動画SNS放題を詳細解説

ミニモンスターの特徴と料金

ソフトバンクのミニモンスターは、高容量帯のウルトラギガモンスター+に対して、容量をあまり利用しないユーザー向けの料金プランとなっています。

月あたりの利用容量が1GB未満で最低料金となり、最大5GB超の料金までが設定されています。

段階制の料金プランなので、「おてがるプラン」とイメージは全く同じとなります。

 

気になる料金としては、以下のイメージです。

 

 

容量 1GBまで 2GBまで 3GBまで 4GBまで 5GB超
料金 2480円 4480円 5980円 5980円 6980円

 

データ定額ミニモンスターで1GB未満の場合の基本料金は、月額2480円です。

おてがるプランの基本料金が1480円だったことを考えると、それよりも1000円高いです。

関連記事:「ソフトバンクのおてがるプランは非常にお得!

 

ちょっとみた感じ、初年度の1000円引きやおうち光セットでの割引を入れて初年度1980円という料金は同じなのですが、上記の料金の場合、スマ放題ライトではなく通話基本プランになっている、という点に着目した方がいいでしょう。

おてがるプランでは、スマ放題ライトの利用を前提として、最低1980円を実現していました。つまり、通話5分以内かけ放題を利用できたんですね。

しかし、ミニモンスターの場合、5分かけ放題もない完全従量制プランの通話基本プランを使ってはじめて、1980円になるわけです。

もしスマ放題ライトを使えば、ミニモンスターの方が高いです。

 

ミニモンスターの利点としては、おてがるプランのように機種を限定しない、という点が挙げられます。

つまり、最新のAndroidでもiPhoneでも、好きな機種を選べます。やや高かったとしても、この違いは大きいと言えます。

スポンサーリンク




ガラケーからスマホならメリットあり/ガラケースマホ割

ガラケー(フィーチャーフォン)からスマホに乗り換える、というユーザーに対してはさらに大きな割引が今回、用意されています。

上記の料金イメージに加えて、ガラケーからスマホへの移行の場合、12ヵ月間1980円の割引きが実施されます。

つまり、すべての条件を満たして1980円が実現したところからさらに1980円引きで、完全に0円、という状況を一年間続けられるわけです。

もし仮に、おうち光セットがなかったとしても月額料金1000円、その上通話基本プランではなくスマ放題ライトだったとしても、1500円なので、いずれにしても非常に安く利用することができます。

 

最初の一年だけの特別割引とはいえ、もし現在ガラケー利用中なら、活用しない手はありません。

 

みんな家族割+の罠

みんな家族割+という新しいサービスが同時に発表され、ウルトラギガモンスター+の回線を劇的に安くしてくれるサービスとして注目を集めています。

今回の大きな特徴としては、みんな家族割+のグループ回線の数に、ミニモンスターの回線も含まれる、という点が今までと大きく異なる点です。

つまりこれにより、今までは家族でウルトラギガモンスターの回線がほとんどいなかったのでみんな家族割は利用できなかった、という人であっても、ミニモンスターの回線の家族さえいれば、家族としてカウントできるので、割引がそのまま適用されるというわけです。お得ですね。

 

あぁ、これはいいなぁ、ということは、当然ミニモンスター回線も同じように割引されるんだよね・・・と思っていたら、それはさすがに考えが甘かったです。

ミニモンスターは、みんな家族割+のカウント対象にはなるのですが、割引対象にはならないんですね。

つまり、割引されるのはウルトラギガモンスター+の回線のみ、と。

なので、家族4人が全員ミニモンスターを利用しているのでは、みんな家族割+による割引は0です。

ただその同じグループに、ウルトラギガモンスター+の回線が入ったら、すぐに2000円割引きが適用される、というわけです。

スポンサーリンク




おてがるプランがよかったのか

もし、機種にこだわらず、とにかくスマ放題ライトで安く使いたい、ということであれば、9月5日までにおてがるプランで契約をしておいた方がいいでしょう。

逆に、おてがるプランの対象機種には欲しい機種が全くない、ということであれば、9月6日以降、ミニモンスターが開始されるのを待って、申し込みをしましょう。

よって、おてがるプランとミニモンスター、どちらがいいのか、という判断はしにくいところですが、使い方、機種の選び方によって異なる、というところでしょうか。

関連記事:「ソフトバンクのおてがるプランは非常にお得!

 

段階制プランはドコモとauにもある

段階制プランを最初にはじめたのはauでした。現在の主力プラン「auピタットプラン」ですね。

次に段階制プランを投入したのはドコモで、名称は「ベーシックパック」です。こちらはデータ定額プランとしてのみ提供しており、端末割引きとは関わりません。ドコモで端末割引きがなくなり格安プランを実現してくれるのは、「docomo with」というサービスです。

そしてソフトバンクのミニモンスター。三社三様の割引きプランが揃ってきた形ですね。

しかし、それぞれ違いや特徴があるため、どれがどう、という比較が非常に難しくもあります。

自分の利用状況に当てはめて、その上で料金が最もお得になるものを選んでいくのが一番かもしれません。







-ソフトバンクのサービス情報

Copyright© ソフトバンク/ワイモバイルマスター , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.