ソフトバンク/ワイモバイルのサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ソフトバンク/ワイモバイルマスター

ソフトバンクのサービス情報

ソフトバンクのおてがるプランは非常にお得!

更新日:

ソフトバンクがついに2018年6月29日より開始を発表した新プラン「おてがるプラン」は、auの「auピタットプラン」、ドコモの「ベーシックパック」に続く、段階制の格安プランです。

正しく利用すれば非常にお得な内容となっていますので、しっかり理解して活用していきましょう。

わかりにくい点など、まとめて解説していきます。

おてがるプランの概要

 

ソフトバンクのおてがるプランは、各種条件を満たすと、通話もデータもコミコミで月額1980円から利用することができる格安プランです。

条件とは、スマ放題ライト(2年契約)とデータ定額(おてがるプラン専用)に加入し、かつおうち割光セット適用の場合となります。

以下、詳細内容を解説していきます。

 

おてがるプランの料金を一目でわかりやすく解説

【スマ放題ライトの場合】

データ使用量 1GBまで 2GBまで 3GBまで
スマ放題ライト+ウェブ使用料 2000円 2000円 2000円
データ定額・1年目
(おてがるプラン専用)
480円 1480円 2480円
データ定額・2年目以降
(おてがるプラン専用)
1480円 2480円 3480円
おうち割光セット -500円 -500円 -500円
合計・1年目 1980円 2980円 3980円
合計・2年目以降 2980円 3980円 4980円

 

【スマ放題の場合】

データ使用量 1GBまで 2GBまで 3GBまで
スマ放題+ウェブ使用料 3000円 3000円 3000円
データ定額・1年目
(おてがるプラン専用)
480円 1480円 2480円
データ定額・2年目以降
(おてがるプラン専用)
1480円 2480円 3480円
おうち割光セット -500円 -500円 -500円
合計・1年目 2980円 3980円 4980円
合計・2年目以降 3980円 4980円 5980円

 

※以下に解説している「はじめてスマホを利用の場合」に該当すれば、1年目の料金が次の機種変更時まで維持できる。

※データ使用量が3GBを超過した場合、通信速度が最大128Kbpsに制限される。通信速度制限の解除は1GBごとに1,000円。

 

ソフトバンク・おてがるプランの適用条件

ソフトバンクの新プラン・おてがるプランの適用条件は、以下の通りです。

 

対象機種の購入を伴う新規契約または機種変更と同時にスマ放題、スマ放題ライトのいずれかと、データ定額(おてがるプラン専用)に加入すること。

 

公式サイトではスマ放題ライトの場合の料金ばかりがクローズアップされているため少しわかりにくいですが、スマ放題でもおてがるプランを利用することは可能です。

その場合、スマ放題ライト+ウェブ使用料で2000円のところが、スマ放題+ウェブ使用料で3000円となるため、1000円がプラスされる形となります。

ただし、いずれにしても購入が伴う必要があるため、機種購入なしでおてがるプランに変更することはできません。

 

はじめてスマホを利用の場合

おてがるプランにおいて、初めてスマートフォンを利用する場合の大きなメリットとして、以下の条件を満たす場合、次回機種変更を実施するまでの間、おてがるプラン専用割引がずっと適用されます

つまり、すべての条件を満たした場合の最低料金、通話もデータもコミコミで1980円からという料金体系を、長く維持することが可能になるというわけです。

 

機種変更の場合の条件

・現在ソフトバンクのケータイ、みまもりケータイまたはあんしんファミリーケータイを利用していること。

つまり、スマホを現状まだ利用していないことが条件となります。

 

のりかえ(MNP)の場合

・自分が利用している電話番号を表示できる他社のケータイ(従来型携帯電話/フィーチャーフォン)、PHSまたはキッズ向けケータイを利用していること

つまり、実際に本当に適用条件を満たしているかが確認できないといけない、というわけです。面倒ですが、申し込みの際に電話番号が表示された他社での利用機種を撮影されます。

そのため、故障などで電話番号を表示できない場合は対象外となってしまい、おてがるプラン専用割引が一年のみとなります。

ちなみに、そうした画面の確認が実施される都合上、のりかえ(MNP)でおてがるプラン専用割引を次の機種変更まで継続したい場合、ソフトバンクオンラインショップでの手続きはできません。ソフトバンクショップ店頭に足を運びましょう。

 

新規契約の場合

・利用する方の年齢が6歳以上18歳以下であること

対象年齢が当てはまる場合、MNPでない通常の新規契約であっても、おてがるプラン専用割引を次の機種変更まで継続することができます。ただし、MNPの時同様、ソフトバンクオンラインショップでは申し込みができないため、ソフトバンクショップまで出向きましょう。

 

既にスマホを利用中の場合

前述したとおり、既にスマホを利用中の場合でも、対象機種の購入を実施し、スマ放題とデータ定額を利用すれば、おてがるプランを利用することはできます。

上記のはじめてスマホを利用する場合と比べたら、月額において1000円ほど高くなるので、もし仮にスマ放題ライトではなくスマ放題を利用の場合、合計すると最低料金の1980円より2000円高くなります。

とはいえ、それでも最低料金は3980円なので、十分安いといえば安く、おてがるプランを利用するメリットはあると考えていいでしょう。

もちろん、そこを最低ラインとして三段階制なので、利用が増えればもちろん料金も上がりますので、自分の容量の利用状況に合わせて判断する必要があります。

 

おてがるプランの対象機種

・iPhone SE(32GB)/iPhone(128GB)/Android One S3/DIGNO J/HUAWEI nova lite2/シンプルスマホ4

 

おてがるプランの対象機種は、2018年6月現在、以上の6機種となります。ただし、DIGNO J、nova lite2の両方は7月上旬発売予定、シンプルスマホ4は7月下旬発売予定です。

全体としてエントリーモデルが多く、最新のiPhoneやハイスペックモデルのAndroidスマートフォンが非対応となっていますので、元々欲しい機種が決まっている場合には選択することができないので、注意が必要です。

 

おてがるプランは月月割が適用しない

おてがるプランの大きな注意点として挙げられるのが、月月割が適用しないという点です。

そのため、現金販売価格がそのままかかってくる形となります。そのため、価格がやや高めのiPhone SE(128GB)などを選択すると、負担が少し大きくなります。

それに対処するためには割賦を組み、半額サポートを利用して48回払いを選択すれば月々の支払いは最低限で抑えられますし、二年後に対象機種に機種変更すれば実質端末代金の支払いは半額程度で済ませることができます。

以下、おてがるプラン対象機種の現金販売価格です。

 

【iPhone SE(32GB)】:現金販売価格/割賦販売価格 64,800円(税込)

【iPhone SE(128GB)】現金販売価格/割賦販売価格 77,760円(税込)

【Android One S3】現金販売価格/割賦販売価格 30,720円(税込)

 

ソフトバンクの半額サポートは最強に安い

ソフトバンクの半額サポートは最強に安い!

おてがるプランの割引きが終了になるケース

おてがるプランには注意事項もかなり多いです。とりあえず一通り目を通しておきましょう。

以下、おてがるプランの割引きが終了となるケースです。

 

・解約、譲渡(家族割引名義変更を除く)を行った場合

・電話番号・メールアドレスお預かりサービスに申し込みした場合

・新スーパーボーナス契約での対象外機種への機種変更を行った場合

・対象基本料以外に変更した場合

・データ定額(おてがるプラン専用)を解除、データ定額(おてがるプラン専用)以外のデータ定額サービスに変更した場合

・家族データシェアまたは法人データシェアの親回線/子回線に変更した場合

 

そのほか、おてがるプランは家族データシェアまたは法人データシェアが対象外だったり、月月割、ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム(特典B)など、一部他のキャンペーン、プログラム、割引と併用ができない場合があるなど、注意事項もありますので注意しましょう。







-ソフトバンクのサービス情報

Copyright© ソフトバンク/ワイモバイルマスター , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.