ソフトバンクのサービス情報

ソフトバンクのスマホデビュープランはホワイトプラン以来の価格破壊!

ソフトバンクが提供するスマホデビュープランは、スマホの基本料金が1年間980円~(14ヶ月目以降は1,980円~)利用できる ソフトバンク史上最強にお得な料金プランです。

毎月980円の基本料金でスマホが利用できることを考えれば、以前ソフトバンクがケータイ市場に価格破壊を起こした、ホワイトプランの通話基本料金とほぼ同等の金額です。

ホワイトプランと同等の金額で通話もインターネットも利用できると考えると、その頃を上回る価格破壊が起こっていると言っても過言ではないでしょう。

しかし、この価格破壊をソフトバンクが実現するのには「理由」があります。

本記事では、スマホデビュープランの詳細とソフトバンクが再び価格破壊を起こした理由や背景を確認していきましょう。

関連記事:「ソフトバンクで機種変更! おすすめスマホ/安いスマホの買い方まとめ

スマホデビュープランは980円で何が出来るのか

通話は発信1回あたり5分以内が基本

スマホデビュープランの内訳には、通話1回あたり5分以内で無料になる「準定額オプション」がセットになっています。ちなみに1回あたりの通話時間5分を超過した場合は、20秒ごとに30円発生します。

基本的な考え方ですが、日本国内で通話を利用する場合は電話をかけた発信者側に通話料金が請求されます。一方、電話をうけた受信者側は通話料金は発生しません。

長時間の通話が考えられる場合、相手が無制限の通話定額サービス加入者であれば、相手から電話をかけてもらうように工夫するとこのあたりは余計な通話料金コストを安く抑えられる可能性があります。

もし、発信時の通話を思う存分利用したいユーザーは上記の金額にプラス1,000円で対象国内通話を24時間無料に出来る「定額オプション」を選択することも可能です。

 

毎月のデータ量は1GBまで

スマホデビュープランで利用できる毎月のデータ量は1GBです。

どれくらいが1GBの目安になるのか、まずは確認しましょう。

 

メール送受信 約2,000通(500KB相当のファイル添付時)
サイト閲覧 約3,400ページ
ネット動画視聴 約4時間(中画質程度)
音楽ダウンロード 約250曲(1曲あたり4MBを想定)

 

これらの各項目で1GBを利用します。ちなみに上記の4項目を全て利用したら4GB相当消費するイメージです。特に、YouTube等の「ネット動画視聴」がずば抜けてデータ量をたくさん消費しがちです。

動画は、1秒間に何枚もの画像データと音データを同時に組み合わせて形成されています。一般的な動画では1秒間30コマの画像を組み合わせて再生されます。つまり、1秒間に30枚程度の画像データと音声データを組み合わせて動画は流れているのです。

そうイメージすると、動画がデータ消費量大きい理由がなんとなく理解できます。

スマホを使い始めて間もない頃は、1GBはすぐに超過する心配は少ないです。ですが、ある程度スマホの操作に慣れてきて頃に、使ってみたい機能、アプリ、コンテンツが増えてくると、データ量のカウントを少し気にしながら利用していく必要があるかもしれません。

ちなみに月内のデータ利用量が1GBを超えた場合、請求月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsに低速化されます。これは写真やサイトを1ページを開くのに数秒~10秒程度かかってしまうほど低速で遅い通信です。

万が一、1GBを超過したとしても低速通信が不便な場合には、任意で追加データを購入することで速度制限されずにデータ利用することも出来ます。

 

スマホデビュープランの料金を確認

それでは、スマホデビュープランの料金内訳を確認します。

 

データプラン1GB 1,500円
基本プラン 980円
準定額オプション 500円
1年おトク割 △1,000円(12ヵ月)
1GB専用割引 △1,000円
合計金額 980円

 

スマホデビュープランは合計毎月980円から利用できます。この基本料金に加えて、オプション、分割機種代金、税金なども別途発生します。

また、上記の金額は最大1年間限定の金額です。「1年おトク割」が最大12ヵ月適用された後、14ヶ月目以降は1,000円の割引が消失してしまう為です。14ヶ月目以降は毎月1,980円から利用できるようになります。

「1年おトク割」と「1GB専用割引」は、いずれも契約しているプランにもとづいて値引きされる仕組みです。家族の利用状況やネット契約状況など、ケータイ以外の契約状況に左右されずともこの金額で利用できるのは非常にありがたい割引体系です。

 

スマホデビュープランの対象条件を確認

スマホデビュープランを申し込む場合の対象条件について確認しておきましょう。

 

●のりかえ(MNP/番号移行)または機種変更と同時に「基本プラン(音声)」にご加入いただくこと。

●機種変更の場合、機種変更前にSoftBank携帯電話(フィーチャーフォン)、キッズフォン、みまもりケータイまたはあんしんファミリーケータイのいずれかを利用されていること。

●のりかえ(MNP/番号移行)の場合、お客さまの電話番号を表示できる他社のケータイ(従来型携帯電話/フィーチャーフォン)、PHSまたはキッズ向けケータイをご利用されていること。

 

つまり、スマホデビュープランはソフトバンクで現在ガラケー/子供向けケータイを利用しているか、あるいは他社のガラケー/子供向けケータイを利用しており、番号そのままでソフトバンクへ乗り換えるかのいずれかで本プランを適用することが出来ます。

例えば、スマホ本体は持ち込み端末でSIMだけをスマホに切り替える場合では、割引適用がきちんと受けられません。

対象となるプラン(データプラン1GB+基本プラン+準定額オプション(または定額オプション))でソフトバンクスマホを購入する事で、はじめてスマホデビュープランを組むことが可能というわけです。

 

スマホデビュープランの注意点

申し込み初月の基本料金は割引適用されない

スマホデビュープランは、申し込み手続きした請求月を1ヵ月目とし、翌請求月から割引適用が開始されます。初月は1年おトク割、1GB専用割引の総額2,000円分の割引が適用されない仕組みです。

ですから、スマホを契約して最初に請求が来た時に内訳書を確認すると割引が適用されておらず、驚いてしまう可能性があります。

スマホデビュープランは契約した翌月の利用分から割引適用されるという事をきちんと認識しておきましょう。

 

契約して14ヶ月目以降から1,000円高くなる

スマホデビュープランの内訳には1年おトク割という割引があります。これは、契約した翌月から12か月間毎月1,000円割引される仕組みです。

しかし、14ヶ月目以降の利用は割引が終了する為、契約から1年経過した忘れた頃に「1,000円高くなった。どういうことだ!」と感じてしまうケースも考えられます。決して永続的に980円で利用できるわけではないので予め意識しておきましょう。

とは言っても、忘れてしまう可能性もある為、スケジュールやメモに書き残しておくと安心かもしれません。

 

毎回の通話時間を意識した利用が必要

スマホデビュープランの中身を開いてみると「1回あたり5分以内の通話が無料」という制約があります。万が一、5分を超過すると30秒あたり20円の通話料が発生してしまいます。

普段電話を利用するときを想像してみると、通話中に5分の時間を秒単位で計りながら通話することはほとんどないのではないでしょうか。まぁ、近くに時計がある環境で利用する分には支障はかもしれませんが、ちらちらと時間を気にしながら通話するのは非常にストレスですし、通話相手によっては失礼にあたる可能性も考えられます。

万が一、5分以内の通話がストレスや不便に感じた場合は、準定額オプション(500円)から定額オプション(1,500円)に切り替える事も可能です。

定額オプションなら対象の国内通話24時間無料で利用できる為、時間を気にしながら通話するストレスや不便さは解消できます。

このあたりの利用状況を想定しながら、プランを組んでいく方が賢明です。

 

一部の割引と併用できない

スマホデビュープランは「みんな家族割+」や「おうち割 光セット」などの他割引を併用して受ける事はできません。

特に「みんな家族割+」は家族グループの回線数が多いほど割引がオトクになるという特徴があります。スマホデビュープランの場合は割引の適用はありませんが、家族グループの回線数には1カウントされます。

つまり、家族複数人でソフトバンクを利用している場合、他の家族回線が割引の恩恵を受けやすくなる為、積極的に家族割引を組んでおく方が、家族全体でオトクに利用できる方法なのです。

 

プラン変更や休止などを行うと割引が終了する

スマホデビュープランは、一部の変更や解約を行うと割引が終了してしまうので注意しましょう。割引解除の条件は以下の通りです。

  • 「電話番号・メールアドレス保管サービス」へ加入した場合
  • 対象回線を解約した場合
  • 対象料金プランを対象外料金サービスへ変更した場合

ここで一番気を付けるべきポイントは「対象外料金プランへ変更した場合」でしょうか。ソフトバンクでは、ミニモンスターやウルトラギガモンスター+などのデータ利用量に応じて適した料金プランが提供されています。

スマホを利用していく途中で毎月の平均データ量が1GBでは足りなくなった場合、他プランへ切り替えを検討するかもしれません。もちろんプランを変更することは可能ですが、一度割引対象外プランへ変更し、やぱりスマホデビュープランに戻したいとしても、元に戻すことはできません。

 

ソフトバンクがここまで安いプランを提供する理由を少し専門的に考察

スマホの基本料金相場はどんなに安くとも1回線あたり3,000円~8,000円くらいが妥当な金額だと考えています。相場から比較すると、スマホデビュープランの980円という金額は破格の安さです。

もちろん、今でこそ格安SIMやMVNOという選択肢もありますが、それらと比較してもソフトバンクのスマホデビュープランは十分オトクな料金設計です。

 

「しかし、なぜソフトバンクはここまで安い料金サービスを提供しているのでしょうか?」

 

その答えは「周波数の有効活用」と「世界基準の情報セキュリティ進化」に伴う3Gサービス縮小と、「収益確保」の目的があると考えられます。

現在ソフトバンクでは、3G(3Generation)と4Gの2軸で通信サービスを提供しています。4Gサービス登場以降、スマホの爆発的普及により昨今では3Gよりも4G需要のほうが高いことは容易に想像できます。

また、2020年春には次世代の5Gサービスが提供開始を控えています。ソフトバンクが総務省から与えられた周波数の保持数は限度がありますので、限られ周波数帯を有効活用する必要があるのです。

過去にソフトバンクでは、2017年3月31日に1.5GHz帯 3Gサービス、2018年1月末日に1.7GHz帯 3Gサービスの提供を終了しています。これは対象周波数を需要が高いサービスの運用へ切り替えるために実施されたと考えられます。

 

一方、世界のセキュリティ基準が進化することで、サーバ証明書の切り替えも影響しています。この影響で一部の3Gガラケーでは2019年12月3日以降、セキュリティの信頼が高いサイトを閲覧できなくなったり、メールの送受信、カメラ起動、ワンセグ視聴、時計の自動補正などが正常に動作できなくなります。

このような時代の変遷により3Gサービスは縮小しつつあり、サービスや機能を利用できなくなることがすでに明確になっています。つまり、3Gケータイを利用しているユーザーは強制的に4G以降のサービスへアップデートしなければならないのです。

 

また、従来の基本料金プランを値下げする動きや、他事業者との競争激化により、収益を安定的に確保しなければならない点もスマホ移行を促進している理由のひとつです。ガラケーよりもスマホの利用料は高い=収益アップに繋がりますから、ソフトバンクには少しでもスマホ人口数を増やしていきたいという狙いがあります。

スマホデビュープランは、ガラケーユーザーが4Gスマホへスムーズに移行できるよう工夫された料金プランなのです。本プランが最初の1年間だけグっとお得なのも、これらの背景を理解しておくと納得できます。

 

スマホデビュープランのキャンペーン

 

ソフトバンクでは「スマホデビュープラン」と「トクするサポート」に同時加入するとPayPayボーナスを最大10,000円相当もらえるキャンペーンが実施されています。

キャンペーン期間は2019年10月1日~2019年12月31日の3ヵ月です。

期間内に対象割引を同時加入すると、のりかえ(MNP/番号移行)の場合PayPayボーナス10,000円相当がもらえます。一方、機種変更の場合はPayPayボーナス1,000円相当ともらえます。機種変更時はかなり少額ですね。

そうは言いつつも、貰い忘れるともったいないので、対象条件を満たしたら確実にPayPayボーナスを受け取っておきましょう。

受け取り方法は簡単です。ソフトバンクからお送られてくるSMSに記載されたURLを押下しギフトカード番号をPayPayアプリにて使用するとPayPayボーナスが付与されます。

ただし、PayPayボーナスの受取期限は、特典配信月を1ヵ月目として6ヵ月目の末日です。期限が過ぎると受け取れなくなりますので、早めに処理しておきたいところです。

PayPayボーナスを受け取った後は、街のお店で有効活用してきちんと消化しましょう。




-ソフトバンクのサービス情報

Copyright© ソフトバンクマスター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.