ソフトバンク/ワイモバイルのサービス・料金プラン・キャンペーン・格安スマホ・格安SIM

ソフトバンク/ワイモバイルマスター

ソフトバンクのサービス情報

ソフトバンクのウルトラギガモンスター+(プラス)! 動画SNS放題を詳細解説!

投稿日:

ソフトバンクより新しいサービスの発表です。

その名も動画SNS放題のウルトラギガモンスター+(プラス)! データ定額50GB+、という形で、従来のウルトラギガモンスターデータ定額50GBはそのまま維持しつつ、さらにSNS・動画合計8つのサービスの利用について、使い放題という形がとられます。

非常にお得な新サービスの詳細内容を確認していこうと思います。

関連記事:「ソフトバンクのミニモンスターは安い!?

ウルトラギガモンスター+(プラス)/データ定額50GB+の料金

今までのウルトラギガモンスター(50GB)の月額料金は7000円でした。

もう一段下の、ギガモンスター(20GB)で6000円。

一方、新しく登場したウルトラギガモンスター+は5980円と、今までよりも大きく値下げされています。

いずれにしても料金は下がり、かつ容量は現状維持、またはギガモンスター利用ユーザーからすれば大幅アップ、さらにSNS動画使い放題というおまけつき。

今まで両プランを利用していたユーザーからすれば、非常にお得ということがわかります。

 

となると、ウルトラギガモンスターとギガモンスターの存在意義は完全になくなってしまいますので、新しいウルトラギガモンスター+の9月6日からのスタートに伴い、両プランは9月5日をもって受付終了となります。

 

ソフトバンクで案内されている、月額利用料3480円~という内容は非常にわかりにくいので、まずはウルトラギガモンスタープラスの利用料金は月額5980円である、という事実を抑えておきましょう。

その上でさらに細かい内容を見ていきます。

 

 

ウルトラギガモンスター+、つまりデータ定額50GB+は、月額料金5980円ではありますが、これはあくまでデータ利用料分の料金だけにすぎず、これ以外に通話の基本料金やWEB使用料がかかってきます。

これが、ソフトバンクの公式ページ(上記写真)では通話基本プラン(2年契約)で1500円、とされています。

この料金は、今まで見たことがない料金だと思います。ちなみに、完全通話定額のスマ放題の場合は2700円と300円のWEB使用料で3000円、スマ放題ライトの場合は同じ内容で合計2000円です。それより500円安いこの「通話基本プラン」とは何かというと、通話定額が全く含まれない、完全従量制の通話プランとなっています。つまり、かけた分だけ通話料が追加でかかる、ということですね。

そのため、このプランを選択するならともかくとして、もしスマ放題が必要、ということであれば、この時点で3480円の実現は無理です。

 

さらに、最低月額3480円を実現するための条件が、他に三つあります。

一つは、1年おトク割。これはほぼ利用可能です。ただし、適用は一年限り。つまり、3480円はどんなに条件をそろえても、最初の1年のみで、それ以降は+1000円となり、最低4480円となります。

二つ目の条件は、やや条件が厳しくなり、「おうち割 光セット」が必要となります。これで月に1000円マイナスとなります。

最後に三つ目、「みんな家族割+」です。今までのみんな家族割と基本は同じなのですが、今回からウルトラギガモンスター+に加えて、家族回線が同時に新しく開始されるミニモンスターを利用していても適用という形になります。

これは実は、非常に大きいと思います。このみんな家族割+の登場により、割引適用の可能性は格段にアップしました。

みんな家族割+で4回線以上を利用することで、月額2000円割引きとなります。

 

以上、三つの割引き条件をすべてそろえた上で通話基本プランを利用した場合のみ、ウルトラギガモンスター+は月額3480円となります。

もしこれが、三つの割引き条件をすべてそろえてもスマ放題を利用する場合、月額料金は4980円となり、二年目以降は5980円となります。

これを安いととるかどうか。

ただいずれにしても、今までよりは確実に安くなるのは間違いありませんので、好意的に受け取ってもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク




みんな家族割+を利用できないケース

当然のことながら、誰も彼もが家族で利用しているとは限らず、自分一人、単独でソフトバンクを利用しているというケースもあるでしょう。

その場合、みんな家族割+を利用することが不可能ですので、最低利用料金としては以下のイメージとなります。

 

 

 

通話をほぼ利用しない通話基本プランで、おうち割光セットを利用しているという前提で、月額5480円です。

50GBのSNS動画使い放題。

二年目以降は6480円です。

もし、通話を利用するということで、スマ放題を選択したなら、一年目から6980円、二年目以降は7980円です。

決して安いとは言えない料金になってきましたね。

まぁとはいえ、それでも今までよりは安いので、納得するべきかもしれません。

 

使い放題になるSNS動画の種類

今回使い放題になるSNS・動画として指定されているのは、以下8つのサービスです。

 

「LINE/Facebook/Instagram/Youtube/hulu/GYAO!/Tver/AbemaTV」

 

各サービス、一部使い放題とならない利用方法などもありますので、一応確認しておく必要がありますが、一般的な利用方法であればどのサービスも使い放題となり、データ容量50GBは一切利用することなく、無制限で使える形となり非常にお得になります。

スポンサーリンク




みんな家族割+による割引の重要性

今回のプランに合わせて同時に開始される「みんな家族割+」が、実は重要なポイントと言えそうです。

何故なら、今まではみんな家族割に到底含まれるはずもなかった利用の少ない家族回線が、その枠の中に入れることができる可能性が出てきたわけです。

これにより、今まで割引対象でなかった人たちも、割引対象になる回線が格段に増えると考えられます。

そのため、どちらかというとウルトラギガモンスター+の活用よりも、ミニモンスターの活用の方が重要になってくると考えられるわけです。

ミニモンスターについては、以下の別記事で詳しく解説しています。

関連記事:「ソフトバンクのミニモンスターは安い!?

 

ウルトラギガモンスター+はお得!

ウルトラギガモンスター+の話を聞いて、「期待外れだ」というのは、間違いだと思います。

少なくとも、今までより確実に料金としてはお得になっていますし、SNSも動画も使い放題なのですから、使い方によっては自宅の固定回線を外してしまう、という選択も可能になります。

つまりソフトバンクとしては、固定の光回線との同時利用を勧めながらも、利用できる容量がより大きくなることで、自宅の固定回線の必要性は今後ますます縮小していく可能性があるというジレンマを抱えています。

もちろん、自宅は自宅でWi-Fi環境があった方が確実に便利なので、今すぐウルトラギガモンスター+を使うから光を外す、という選択にはならないと思いますが、極端な使い方、節約方法としてはそういう方向性も可能になっていく、ということは抑えておきたいところです。

2018年iPhone登場前の、ソフトバンクの大きな動きでしたね。

他社の動きもこうなると、気になるところと言えるかもしれません。







-ソフトバンクのサービス情報

Copyright© ソフトバンク/ワイモバイルマスター , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.